これまでの歩み

日本新薬の歴史
1911年 11月 「京都新薬堂」創業 創業期 写真
1919年 9月 京都新薬堂の事業を継承し、「日本新薬株式会社」を設立
1919年 10月 京都市下京区において営業開始
1934年 6月 ミブヨモギを原料とするサントニン製造法の特許を登録
1934年 11月 ミブヨモギ品種改良を目的とした山科農場を開設 サントニン 写真
1940年 5月 日本新薬製造の国産駆虫薬「サントニン」を発売
1949年 6月 株式を京都証券取引所に上場
1953年 10月 山科農場を改称し、山科薬用植物研究所(現・山科植物資料館)を新発足
1954年 3月 西大路総合工場が完成
1955年 2月 硬式野球部発足
1957年 2月 本社を現住所(京都市南区)に移転
1957年 7月 硬式野球部 第28回全国都市対抗野球大会に京都市代表として後楽園に初出場
1960年 7月 黒石製薬株式会社(現・子会社シオエ製薬株式会社)と業務提携契約を締結
1961年 4月 食品部(現・機能食品カンパニー)を新設し、食品事業を開始
1962年 3月 本社敷地内に研究所(現・創薬研究所3号館)が完成
1962年 7月 子会社「ローヤル・モーターズ株式会社」(現・NSシェアードサービス株式会社)を設立
1962年 9月 株式を東京証券取引所に上場
1964年 7月 小田原工場(現・小田原総合製剤工場)が完成
1966年 12月 盛岡工場が完成
1969年 7月 但馬澱粉工業株式会社(現・子会社タジマ食品工業株式会社)と業務提携契約締結
1970年 10月 本社敷地内に食品開発研究所が完成
1982年 3月 本社敷地内に中央研究所本館(現・創薬研究所1号館)が完成
1989年 4月 粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤「ガスロンN」を発売
1991年 4月 デュッセルドルフ事務所を開設 NS Pharma,Inc. 写真
1994年 4月 本社敷地内に創薬研究所2号館が完成
1997年 6月 つくば市に東部創薬研究所が完成
1997年 7月 ニューヨーク事務所を開設
1999年 7月 ニューヨーク事務所を現地法人化し、米国子会社「NS Pharma,Inc.」を設立 小田原総合製剤工場写真
2000年 1月 経営理念を制定
2001年 2月 小田原工場に新製剤棟が完成、「小田原総合製剤工場」に改称
2002年 10月 小田原総合製剤工場が2002年優秀先端事業所賞を受賞 日本橋さくら通りビル
2002年 12月 合成抗菌剤「プルリフロキサシン」を発売
2004年 6月 東京支店・支社の新社屋「日本橋さくら通りビル」が完成
2008年 8月 タジマ食品工業の食品添加物製剤工場完成に伴い、盛岡工場を閉鎖
2009年 1月 会社創立90周年を機に「日本新薬こども文学賞」を創設 ロンドン事務所
2011年 12月 北京事務所を開設
2012年 4月 デュッセルドルフ事務所を英国に移転し、ロンドン事務所を開設
2014年 4月 第五次五カ年中期経営計画を策定
2016年 1月 肺動脈性肺高血圧症治療薬 「ウプトラビ」が米国で発売、以降、欧州その他各国で順次発売
2016年 3月 本社敷地内に治験原薬製造棟が完成
2016年 11月 肺動脈性肺高血圧症治療薬 「ウプトラビ」を国内で発売
2017年 7月 小田原総合製剤工場に高生理活性固形製剤棟が完成
社名・社章の由来

日本新薬ロゴ

当社の創業当初は、まだ純然たる研究開発型の製薬メーカーが少なく、医薬品の大半を外国からの輸入に頼っていた時代でした。『日本新薬』の社名には「日本人がのむくすりは日本人の手で創りたい」という決意が込められています。

創業当初の社章は、当社の創始者である市野瀬潜の「市」を「一」に表し、発展を象徴する菱形で囲んだもので、業界では「菱一(ひしいち)」の屋号で呼ばれていました。創立50周年を迎える昭和44年に、新しい企業イメージを確立するために新社章を制作することになり、デザイン専門家を対象に図案の公募を行った結果、応募総数2,503点の中から、大阪市の国賀恵美子さんの作品が採用されました。

現在使われているこの社章は、日本新薬の「日本」を日の丸の円で表し、その中に日本新薬の頭文字である”N”を「飛翔する鳥」にデザイン化したもので、カンパニーカラーである濃紺の地色と白色の”n”のバランスが良く、製薬メーカーにふさわしい清楚な感じとともに躍動的な動きもある個性的なマークになっています。

日本新薬について

ピックアップ

肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する