History

History 01

1919 - 1969

【大正 8年 - 昭和44年度】

日本新薬の創立 国産医薬品の創出に挑む

戦後の復興 国産サントニンの増産と使命

  • 1949(昭和24)

    株式を京都証券取引所に上場

    催眠鎮静剤「イソミタール」を発売

  • 1951(昭和26)

    「サントニン」を初めてニューヨークヘ輸出

  • 1952(昭和27)

    ミブヨモギの品種改良とサントニンの製造技術に関し第4回毎日工業技術賞を受賞

  • 1953(昭和28)

  • 1954(昭和29)

    神経痛・リウマチ治療剤「アミピロ注射液」5.0mℓを発売

  • 1956(昭和31)

    本社を現・本社所在地(京都市南区吉祥院)に移転(登記完了)

  • 1958(昭和33)

    気管支拡張剤「メトナミン」の製法発明に関し発明協会より発明賞を受賞

    薬局向け製品の強カローヤル・ゼリー製剤「アピフォルティール」を発売

医療向け新薬を主体とする事業基盤の確立