この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2004年01月05日

抗癌剤の開発提携解消について

日本新薬は12月31日、抗癌剤(開発記号:HMN-214)に関する、米国バイオジェン アイデック社(本社:マサチューセッツ州ケンブリッジ市 会長:Dr. William H. Rastetter)とのライセンス契約を解消しました。

 日本新薬は、HMN-214の第一相臨床試験を2000年末から米国で開始、2002年9月、アイデック社(現バイオジェン アイデック社)に技術導出し、同社に日本及びアジアを除く全世界での独占的な開発及び販売権を供与していました。

 HMN-214は、現在、日本新薬が独自で開発を行っており、米国で第一相臨床試験段階にあります。日本新薬は、バイオジェン アイデック社との契約解消にかかわらず、引き続き第一相臨床試験を行い、出来るだけ早く終了させる予定です。なお、HMN-214の今後の開発については、同試験終了後に検討し進め方等を決めていきたいと考えます。