この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2010年04月08日

経口持続性鎮痛剤「トラマドール塩酸塩1日1回製剤」のライセンス契約締結についてのお知らせ

 日本新薬は、ラボファーム社(本社:カナダ・ケベック州、社長兼最高執行責任者:ジェームス・R・ハワード・トリップ)の子会社であるラボファームヨーロッパ社(本社:アイルランド・ダブリン市 、代表者:アンソニー・プレール)との間で、同社が開発した経口持続性鎮痛剤「トラマドール塩酸塩1日1回製剤」について、このたび日本における開発および販売に関する独占的なライセンス契約を締結しましたのでお知らせいたします。

 トラマドール塩酸塩1日1回製剤は、ラボファーム社が所有する独自の放出制御技術(ContramidTM)をトラマドール塩酸塩に適用した、非麻薬性の経口持続性鎮痛剤で、中等度から中高度の痛みを適応として、アメリカ、カナダおよびヨーロッパ各国を含む17カ国で既に発売されています。

  当社は、すでに販売中のトラマドール塩酸塩注射剤「トラマール注®100」に加え、同成分の速放性製剤(開発コード:NS-315)の承認申請を行っていますが、本剤の導入により、製剤特性の異なるトラマドール塩酸塩製剤のラインアップを強化することで、今後、患者さまの様々な投薬ニーズに応える製剤の提供が可能になると考えています。

 

 【ラボファーム社の概要】

所 在 地  : カナダ国ケベック州
設    立  : 1994年
業務内容 : 独自の放出制御技術を用いた改良製剤の開発
売 上 高  : 2008年:22百万カナダドル(約19.2億円/1カナダドル=87円)
従業員数 : 124人