この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2004年07月27日

「IFT & Food Expo 2004」出展

日本新薬は、7/13から7/16までの間、米国ラスベガス市コンベンションセンターで開催された「IFT(Institute of Food Technologists)& Food Expo 2004 」に昨年に引き続き出展しました。

 「IFT & フードエクスポ」は出展社数が約1,000社、参加者数が約30,000人といわれる米国最大の食品展示会で、出展企業は、食品メーカーはもとより、色素、香料、保存料などの添加物メーカー、機能食品素材メーカー、製造機械・検査機器メーカーなど多岐にわたっています。また、展示会に併設して約2,000の講演会やシンポジウム、学術集会が実施されました。
 日本新薬は、東洋の機能食品素材として、糖吸収抑制素材「桑葉エキス」、健胃・整腸素材「アカメガシワエキス」、むくみ予防素材「ウラジロガシエキス」、及びインドの機能食品素材として脂肪燃焼・運動持久力向上素材「ガルシニアエキス」の計4品目を出展しました。なかでも、「桑葉エキス」は、ウエイトコントロール用のサプリメントが主流の肥満大国米国にあって、科学的に裏付けられた新しい肥満予防の素材として高い評価を得ました。
 今後も米国健康食品市場に向けて、日本新薬は機能食品素材をグローバルに展開していきます。