この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2010年10月04日

合成抗菌剤プルリフロキサシンの中東・北アフリカにおけるライセンス契約について

  日本新薬は、このたびAlgorithm社(アルゴリズム社、本社:レバノン ベイルート、社長:Selim J. Ghorayeb)との間で、合成抗菌剤「プルリフロキサシン」に関するライセンス契約を締結しました(契約締結日 2010年10月1日)のでお知らせいたします。
  本契約締結によって当社は、Algorithm社に対し、中東・北アフリカ16ヵ国における「プルリフロキサシン」製剤の独占的開発権、および独占的販売権を許諾し、契約一時金のほか開発段階に応じたマイルストーンを受け取ることになります。

  「プルリフロキサシン」は、当社が創製した経口用のキノロン系合成抗菌剤で、日本では明治製菓株式会社が2002年12月より、欧州では伊・Angelini(アンジェリーニ)社が2004年10月より販売しています。さらに、米国・Optimer(オプティマー)社、韓国・柳韓(ユーハン)社、及び中国・Lee’s Pharma(リーズファーマ)社ともライセンス契約を締結しており、各国において開発が進められています。


【ご参考】
(Algorithm社の概要)
Algorithm社は、従業員数445名、連結売上高1.4億ドルを超える製薬企業グループの構成企業です。
会 社 名 :  Algorithm SAL
設    立 :  1989年
社     長 :  Mr. Selim J. Ghorayeb
所 在 地 :  Zouk Mosbeh, sea road, Algorithm bldg, Beirut, Lebanon
従業員数 : 242名(2009年12月現在)
売 上 高 :  1,700万ドル(2009年)
事業内容 : 医薬品の製造・開発・販売