2013年09月26日

月経困難症治療剤「ルナベル®配合錠ULD」新発売のお知らせ

 

 日本新薬は本日、月経困難症治療剤「ルナベル®配合錠ULD」を発売しましたのでお知らせいたします。

  「ルナベル®配合錠ULD」は、ノーベルファーマ株式会社(本社:東京都中央区、社長:塩村仁)が開発し、月経困難症の適応を取得した、国内において最低用量のエチニルエストラジオール(EE)を含有する女性ホルモン剤です。ノルエチステロン 1mg/エチニルエストラジオール0.02mgの用量で月経困難症治療剤として承認された薬剤は、世界で初めてとなります。

 当社は現在、月経困難症治療剤として、同じく女性ホルモン剤である「ルナベル®配合錠LD」(ノルエチステロン 1mg/エチニルエストラジオール0.035mg)を発売していますが、「ルナベル®配合錠ULD」は、「ルナベル®配合錠LD」のEE含量を0.02mgに低用量化することで、重篤な副作用の発現を更に低減することを目的として開発された製剤です。

 当社は、「ルナベル®配合錠LD」に加え、「ルナベル®配合錠ULD」を新たに発売し、治療現場に月経困難症治療の新たな選択肢を提供することで、患者さんのQOL向上に貢献できるものと期待しています。

 ※「ルナベル®配合錠LD」

「ルナベル®配合錠ULD」の製造販売承認に先立ち、「ルナベル®配合錠」は「ルナベル®配合錠LD」に販売名を変更し、効能・効果についても「ルナベル®配合錠ULD」と同じく「月経困難症」に変更いたしました。

 

【製品概要】 

pk_lunabell_uldm.jpg

 

 

 

 

写真のダウンロードはこちら

 

【製品概要

製品名 ルナベル®配合錠ULD
製造販売元 ノーベルファーマ株式会社
承認番号 22500AMX00985000
成分・含量

1錠中
ノルエチステロン1mg及びエチニルエストラジオール0.020mg含有

効能・効果 月経困難症
用法・用量

1日1錠を毎日一定の時刻に21日間経口投与し、その後7日間休薬する。
以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す。

製造販売承認日 平成25年6月28日
薬価基準収載日 平成25年8月27日
薬価基準 1錠 327.90円
包装

PTP 63錠(PTP 21錠×3)

 

日本新薬について

ピックアップ

アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する