この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2005年02月18日

新規経口鎮痛剤の共同開発について

日本新薬、ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都 社長:関口 康)及びグリューネンタール社(本社:独アーヘン市 社長:Dr. Eric-Paul Paques)の3社は、2月14日付で、新規経口鎮痛剤「塩酸トラマドール(一般名)」の日本における共同開発に関する契約を締結しました。
 「塩酸トラマドール」は、グリューネンタール社で創製、開発された中枢性の経口鎮痛剤で1981年にドイツで発売されて以来、現在、世界100カ国以上で広く販売されています。

 これまで、日本新薬は、1996年に「塩酸トラマドール」をグリューネンタール社から導入し、がん性疼痛領域の臨床開発を進めていましたが、本契約の締結を機に、ヤンセンファーマが新たに非がん性疼痛領域の臨床開発を担当することになりました。今後、各領域における臨床開発は両社が分担して実施しますが、いずれの領域においても承認申請は両社が行い、承認取得後は両社が各々の製品名(商標)で販売する予定です。