この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2013年07月25日

イラストレーター黒田征太郎氏と、病院の壁に絵を描こう!第2回「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」開催

 日本新薬は、黒田征太郎氏のホスピタルアート※を支援する「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」全国キャラバンを行っています。
 第二弾として、8月3日(土)13時30分より、医療法人朋愛会 朋愛病院(大阪市東成区大今里1-25-11)を訪問し、地域の皆様とともにホスピタルアートを実施する運びとなりました。

 「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」は、イラストレーターの黒田征太郎氏をリーダーに日本各地を訪問し、地域の人々が力を寄せ合って病院や介護施設などで絵を描くプロジェクトです。地域の病院の医師と患者、高齢者、子ども、学生など様々な人達が一緒に絵を描くことで絆を深め、笑顔になるプロジェクトを目指しています。
 第1回は、今年3月31日に東日本大震災により甚大な被害を受けた公立小野町地方綜合病院で開催、長年地域医療に貢献してきた病棟に地域の子ども達・保護者・病院関係者らと壁絵を描きました。

 第2回の開催場所となる朋愛病院は、1995年に開設されたケアミックス型病院です。一般・療養病棟だけではなく、回復期リハビリテーション病棟や源泉100%の天然温泉「朋愛 玉の湯」を有する総合リハビリテーション承認施設で、大阪市内初めての温泉水中運動療法などを行っており、多くの患者さんが懸命にリハビリに励んでおられます。
 そこで、地域の医療に貢献してきた病棟に、本プロジェクトを通して、患者さんやそのご家族の笑顔を生み出したいとの思いから、今回の開催場所としました。当日は、黒田征太郎氏をリーダーに、リハビリを行っておられる患者さんをはじめ、そのお子さんやお孫さん、病院関係者や地域の子ども達と共に同院の壁に絵を描きます。

※病院の壁や柱などに絵を描く、彫刻を飾るといった芸術の力を借りて、患者の心を癒す方法のこと。

「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」概要

■日時   2013年8月3日(土)13:30~15:30 
■開催場所   医療法人朋愛会 朋愛病院
大阪市東成区大今里1-25-11
※大阪市営地下鉄千日前線、今里筋線・今里駅7号出口より徒歩5分
今里筋北へ信号3つ目を東に右折
http://www.houai.or.jp/houai/
■参加者   医療法人 朋愛会 朋愛病院の皆さん(医師、病院関係者など)
通院・入院患者さんと、そのご家族
地域の子ども達
イラストレーター・黒田征太郎氏
日本新薬の社員

以上