この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2013年09月30日

がん疼痛・慢性疼痛治療剤「トラマール®カプセル」および「NS-24」に関する独占的販促活動委託契約締結のお知らせ

 日本新薬とファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎、以下「ファイザー」)は、日本新薬が製造販売承認を保有するがん疼痛・慢性疼痛治療剤「トラマール®カプセル」(一般名:トラマドール塩酸塩、以下「トラマール」)、および日本新薬が開発中の同治療剤「NS-24」(トラマドール塩酸塩1日1回製剤)について、このたび日本国内の独占的販促活動をファイザーに委託する契約を締結しましたのでお知らせします。
 本契約締結により、ファイザーは日本新薬から「トラマール」「NS-24」(以下「トラマドール製剤」)の販促活動を独占的に受託し、2013年12月1日から単独で販促活動を開始しますが、販売は引き続き日本新薬が担当いたします。

 トラマールは、オピオイド受容体作動作用およびモノアミン増強作用(ノルアドレナリンおよびセロトニン再取り込み阻害作用)により鎮痛効果を示す、麻薬非指定のオピオイド鎮痛薬で、国内では2010年9月より日本新薬が販売しています。
 「NS-24」は、トラマドール塩酸塩の経口持続性製剤であり、日本新薬においてがん疼痛および慢性疼痛を対象としたPⅢ試験を国内で実施中です。日本新薬が製造販売承認を取得した後はトラマールと同様、ファイザーが単独で販促活動を担います。

 今回の契約を機に、日本新薬は、これまでトラマールに費やしてきた営業リソースを他の主力製品群の情報提供活動に生かすことで、更なる売上増を期待しています。ファイザーは、重点領域の一つである疼痛領域において、トラマドール製剤が加わることで、さらに多くの患者さんに貢献できると期待しています。 

 

【製品概要】 

 

 

 

 

写真のダウンロードはこちら

 

【製品概要

製品名 「トラマール®カプセル25mg」、「トラマール®カプセル50mg」 
製造販売元 日本新薬株式会社 
組成 トラマール®カプセル25mg
1カプセル中にトラマドール塩酸塩25mgを含有する。
トラマール®カプセル50mg
1カプセル中にトラマドール塩酸塩50mgを含有する。
一般名 トラマドール塩酸塩
効能・効果 非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患における鎮痛
疼痛を伴う各種癌
慢性疼痛
用法・用量 通常、成人にはトラマドール塩酸塩として1日100~300mgを4回に分割経口投与する。なお、症状に応じて適宜増減する。ただし1回100mg、1日400mgを超えないこととする。
製造販売承認日 2010年7月23日
薬価基準収載日 2010年9月17日
薬価基準 25mg 1 カプセル 37.50円
50mg 1 カプセル 65.90円
包装 25mg、50mgとも
バラ 500カプセル、PTP 100カプセル(PTP10C×10)、PTP 500カプセル(PTP10C×50)、PTP 1000カプセル(PTP10C×100)