この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2014年04月17日

前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア®錠2.5mg」「同5mg」新発売のお知らせ

 日本新薬は本日、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア®錠2.5mg」「同5mg」(一般名:タダラフィル)を発売しましたのでお知らせいたします。

 ザルティア®錠は、日本イーライリリー株式会社(本社:神戸市、社長:パトリック ジョンソン)によって開発された、新規作用機序(ホスホジエステラーゼ5阻害作用)を有する前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤です。2013年2月に製造販売承認の申請を行い、2014年1月に製造販売承認を取得しました。
 前立腺肥大症に伴う排尿障害は、加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大することで、排尿に支障をきたす疾患です。主に50歳以上の男性に現れますが、「尿に勢いがない」、「尿が出にくい」、「夜間に何度もトイレに起きる」など、その症状は様々です。

 本剤は、ホスホジエステラーゼ5阻害作用により、血管平滑筋弛緩による血流改善作用、尿道・前立腺・膀胱頸部の平滑筋弛緩作用、求心性神経活動の抑制作用を有すると考えられており、前立腺肥大症に伴う下部尿路症状を改善することが期待されています。

 当社は、泌尿器領域を重点領域と位置付けていますが、本剤の発売により、治療現場に新たな薬剤の選択肢を提供することで、前立腺肥大症に伴う排尿障害でお困りの患者さんのQOL改善に貢献できるものと期待しています。 

【製品概要】 

 

 

 

 

 

写真のダウンロードはこちら

 

【製品概要

製品名 「ザルティア®錠2.5mg」「同5mg」 
製造販売元 日本イーライリリー株式会社 
承認番号 「ザルティア®錠2.5mg」:22600AMX00007000 「同5mg」:22600AMX00008000 
成分・含量

(1錠中)タダラフィルとして2.5mg  同5mg 

効能・効果 前立腺肥大症に伴う排尿障害 
用法・用量

通常、成人には1日1回タダラフィルとして5mgを経口投与する。 

製造販売承認日 2014年1月17日 
薬価基準収載日 2014年4月17日 
薬価基準 「ザルティア®錠2.5mg」1錠:118.30円  「同5mg」1錠:230.60円 
包装

錠剤2.5mg:100錠PTP(10錠×10) 錠剤5mg:100錠PTP(10錠×10)