2017年09月15日

第5回「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」開催
9月14日(木)、長野県立こども病院において 黒田征太郎氏・病院関係者・入院している子どもたちが絵を描きました

 日本新薬は、イラストレーター黒田征太郎氏が日本各地を訪問し、地域の人々が力を寄せ合って病院や介護施設などで絵を描くプロジェクト『日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト』の第5弾を、9月14日(木)に長野県立こども病院(長野県安曇野市豊科3100)で開催しました。
 当日は、「自由に何でも書いてみよう」という黒田氏の呼びかけのもと、長野県立こども病院に入院・通院している子どもとその保護者ら14家族が参加し、画用紙に様々な色のクレヨンを使って、動物やキャラクターなどの思い思いの絵を約1時間夢中に描きました。その後、当日参加が叶わない子どもたちが事前に描いた絵とともに、巨大なボードに貼り、黒田氏がペインティングした、1.5m×1.5mの大きな絵を4つ完成させました。描いた絵は多くの方に見ていただけるよう、院内に展示されています。

20170914-1.jpg   20170914-2.jpg

【参加者の皆さんからのコメント】

黒田征太郎氏

「子どもたちと一緒に絵を描く経験を通じて、『頭で色々考えなくても、思うままに手を動かすとこんなに素敵な絵が描けるんだ』と私自身いろいろなことに気づかせてもらえました。絵があることで、患者さんたちに喜んでもらえるのであれば、引き続きこの活動に取り組んでいきたいです。」

長野県立こども病院 病院長 原田順和先生

「最初は少し緊張気味だった子どもたちも、みんないい笑顔で純粋に絵を描くことを楽しんでいました。ずっと見守ってきた子どもたちの成長も感じることができ、私自身も非常に嬉しく思いました。」

日本新薬株式会社 常務取締役 田中次男

「子どもたちと黒田さんが一緒に作成した絵を、通院している方やご家族が楽しんでもらえたらと思っています。これからも、一つでも多くのお子さんの笑顔を作っていくために引き続き、この活動に取り組んで参ります。」

 『日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト』は、黒田征太郎氏をリーダーに今後も各地の病院などを訪問し、医師と患者、高齢者、子ども、学生など様々な人たちが一緒に絵を描くことで絆を深め、笑顔になるプロジェクトを目指してまいります。

以上

日本新薬について

ピックアップ

肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する