この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2006年06月30日

アレルギー性鼻炎治療剤「バイナス®錠」の販売について

 日本新薬は、バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、社長:栄木憲和)から販売権を継承しましたアレルギー性鼻炎治療剤「バイナス®錠」(一般名:ラマトロバン)を 7月3日から販売します。

 「バイナス®錠」は、アレルギー性鼻炎の原因となるプロスタグランジンD2とトロンボキサンA2の受容体を拮抗阻害する医薬品で、バイエル薬品が2000年5月に新発売し、昨年の売上は30億円(薬価ベース)でした。

 日本新薬は、現在、抗ヒスタミン作用を有するアレルギー性結膜炎治療剤「リボスチン®点眼液」、アレルギー性鼻炎治療剤「リボスチン®点鼻液」を販売していますが、今回「バイナス®錠」を加えて商品群を拡充し、アレルギー性疾患領域への更なる注力化を図ります。