この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2007年01月16日

過活動膀胱治療剤の開発提携解消と開発中止について

日本新薬は、1月16日、過活動膀胱治療剤(開発記号:NS-8)に関する、アポゲファ社(本社:ドイツ・ドレスデン市 社長:Ms. Henriette Starke)との開発及び販売に係わる契約を解消することに致しました。今回の開発提携解消は、アポゲファ社が欧州で実施した前期第二相臨床試験の成績を検討した結果に基づくものです。

NS-8は、日本新薬が創製した新規の化合物で、2003年10月、アポゲファ社に技術導出されました。同社は、それ以降、欧州でNS-8の臨床試験を実施してきましたが、前期第二相臨床試験で期待された用量での有効性が明確に見いだせなかったこと等から、NS-8の開発を断念することにしました。

NS-8の国内における開発は日本新薬が実施中で、現在、第一相臨床試験が終了した段階にあります。日本新薬は、アポゲファ社との開発提携解消後のNS- 8の開発方針について検討した結果、過活動膀胱治療剤としてのNS-8の開発継続は困難と判断し、国内外における開発中止を決定しました。