この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2007年10月15日

平成20年3月期中間期業績予想の修正に関するお知らせ

日本新薬は、平成19年5月14日に公表しました平成20年3月期中間期(平成19年4月1日〜平成19年9月30日)連結業績予想を下記の通り修正いたしましたので、お知らせいたします。

1. 平成20年3月期中間期連結業績予想の修正(平成19年4月1日〜平成19年9月30日)


売上高
(百万円)
営業利益
(百万円)
経常利益
(百万円)
当期純利益
(百万円)
前回発表予想 (A) 27,400 2,100 2,700 1,500
今回修正予想 (B) 28,000 2,750 3,350 1,850
増減額 (B)-(A) + 600 + 650 + 650 + 350
増減率(%) + 2.2% + 31.0% + 24.1% + 23.3%
(ご参考)
前中間期実績(18年9月)
26,833 1,541 1,663 806

2. 修正の理由

 売上高につきましては、医薬品事業、機能食品事業とも当初計画を若干上回る伸びを示し、当初予想より6億円程度の増加、2.2%の増収となる見通しです。
 費用面につきましては、諸経費の節減に加え、一部費用の発生が下期にずれ込んだことにより販売費及び一般管理費が当初予想を下回りました。
 その結果、営業利益で27億5千万円程度、経常利益で33億5千万円程度、中間純利益で18億5千万円程度と当初予想より増加する見込みです。
 なお、平成20年3月期通期の連結業績予想につきましては、現在見直しを行っており、当中間期決算発表時(11月12日予定)にお知らせする予定です。

※上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報により作成したものであり、実際の業績は、様々な要因により記載の予想数値とは異なる結果となる可能性があります。

以上