この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2008年01月21日

メトホルミン塩酸塩 「グリコラン®錠 250mg」(フィルムコーティング錠)新発売のお知らせ

日本新薬は、メトホルミン塩酸塩「グリコラン®錠 250mg」 を素錠からフィルムコーティング錠に変更し、2008年1月21日より販売を開始いたしました。

「グリコラン®錠 250mg」は、肝臓での糖の放出抑制、筋肉でのグルコース利用促進、脂肪組織でのグルコース取り込み増加の3つの作用を有するメトホルミン製剤で、インスリン非依存型糖尿病に効果を示します。

メトホルミン製剤は、近年の大規模臨床研究により"メトホルミン・ルネッサンス"といわれる再評価を経て、現在では糖尿病治療のベースに用いられる薬剤となっており、「グリコラン®錠 250mg」を含め売上が順調に伸びてきています。

これまでの「グリコラン®錠 250mg」 (素錠)は、服用時に「やや塩辛さ」または「苦味」を感じることがあり、服用に多少の抵抗があるとの声もありました。今回の素錠からフィルムコーティング錠への変更は、こうした患者の声に応え、コンプライアンス(服用遵守)向上の一助となるものです。
今回の剤型変更により、服用する患者様とともに、医療現場の皆様にも満足していただけることを期待しています。