この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2004年06月23日

第75回都市対抗野球大会4年連続22回目の代表権を獲得

社会人野球の第75回都市対抗野球大会第二次京滋奈(京都・滋賀・奈良)地区予選の決勝リーグ最終戦が、6月22日(火)西京極球場で行われ、日本新薬は大和高田クラブと対戦、10対2で勝利しました。これで3戦全勝でリーグ優勝を果たし、4年連続22回目の代表権を獲得しました。

日本新薬は8月27日から東京ドームで開催される全国大会に京滋奈地区・京都市代表として出場します。

なお、個人表彰では、日本新薬の藤谷大樹選手が最優秀選手賞を、奥隆彰選手が打撃賞を、田中大介投手が優秀選手賞を受賞しました。

決勝戦

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和高田クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
日本新薬 4 2 0 0 2 2 0 0 X 10