この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2009年02月12日

「女性の健康週間」市民公開講座開催のお知らせ

日本新薬は、「女性の健康週間2009」において、市民公開講座「健康 美!美!美!生活~生理痛を知って快適ライフ~」に企画協力し、下記要領にて開催することになりましたのでお知らせいたします。

「女性の健康週間」は、産婦人科医が女性の健康を、生涯にわたり総合的に支援することを目指して始められた活動で、現在は、厚生労働省も主唱する国民運動として展開されています。

本講座は、(社)日本産科婦人科学会と(社)日本産婦人科医会の主催、「女性と仕事の未来館」の共催で、当社が協賛会社として運営にあたるもので、生理痛・子宮内膜症といった女性特有の健康トラブルについて、専門の先生方に講演していただく内容となっています。
近年、ライフサイクルの変化によって生理痛に悩む女性が増えていると言われています。日頃「我慢するもの」と捉えられがちな生理痛ですが、その原因は女性ホルモンに関係した疾患である可能性もあります。生理痛や原因となり得る疾患を知り、自分の身体と向き合うきっかけ作りがねらいです。毎日を健康で快適に過ごすために、多くの方にご参加いただき、正しい知識を身につけていただきたく考えています。

【市民公開講座概要】
女性の健康週間2009 女性の健康広場in未来館 セミナー①
「健康 美!美!美!生活~生理痛を知って快適ライフ~」
日    時: 2009年3月4日(水)18:30~20:15 (講座終了後、産婦人科医による個別健康相談あり)
場     所: 女性と仕事の未来館(港区芝5-35-3 電話03-5444-4151 田町駅、三田駅より歩3分)
プログラム: 「輝く女性の健康知識~女性ホルモンと生理のしくみ」
            亀田メディカルセンター 主任産婦人科部長 清水 幸子 先生
          「知っていますか?子宮内膜症との上手なつき合い方を」
            日本医科大学 産婦人科学 准教授 明楽 重夫 先生
定    員: 250名(申し込み先着順)
参 加 費: 無料
申込方法 : FAX 03-5563-4914 またはEメール fwh@ellesnet.co.jp にて
        ①お名前 ②ご住所 ③電話番号・FAX番号 ④ご参加人数  をご記入の上
        「生理痛セミナー参加希望」と明記頂き、お申し込み下さい。
お問合せ先:「女性の健康週間」運営事務局 03-5565-5526(平日9:30~17:30)
主   催: (社)日本産科婦人科学会、(社)日本産婦人科医会
共   催: 女性と仕事の未来館
協   賛: 日本新薬株式会社


【「女性の健康週間」概要】
「女性の健康週間」は、産婦人科医が女性の健康を生涯にわたり総合的に支援することを目指し、3月3日のひな祭りを中心に、3月1日から3月8日の国際女性の日までの8日間を「女性の健康週間」と定め、日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会の共催で2005年にスタートした活動です。2008年からは厚生労働省も主唱する国民運動として、女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するために、国や地方公共団体、関連団体が一体となり様々な活動を展開しています。