排尿のしくみと尿のトラブルについて

女性には若いうちからのトラブルも

くしゃみや咳、飛んだり跳ねたりした瞬間の「あ。」という失敗。実は、こうした「腹圧性尿失禁」の経験をお持ちの女性は少なくありません。

続きを読む

膀胱にも加齢がある

イラスト40歳を超えると、「出にくい」「近い」「夜中に起きる」…そんなおしっこの悩みを持つ人が、男女共に少しずつ増えてきます。

続きを読む

実は治せる「病気」です

最近では、おしっこのトラブルの原因や治療法はわかっており、ひとつの「病気」と考えられています。老眼にもそれに合ったメガネがあるように、おしっこのトラブルにも治療法はあります。

続きを読む

生活習慣病とも関係あり!?

そもそも膀胱の老化を予防することはできないのでしょうか。

続きを読む

中高年男女の排尿障害について

「尿が近い」「夜間にトイレに起きる」「尿がもれる」「尿の勢いがない」「時間がかかる」など、排尿の問題で悩んでいる人はたくさんいます。

中高年男女の排尿障害についてのお話

過活動ぼうこう(OAB)と前立腺肥大症について

排尿症状は大きく分けて、尿の出が悪い「排尿症状」、急に尿意をもよおし我慢するのが困難な尿意切迫感・頻尿などの「蓄尿症状」、残尿感や排尿後にも尿が少し漏れる「排尿後症状」の3 つがあります。
過活動ぼうこう(OAB)は、このうち蓄尿症状にかかわる状態で、2002年に生まれた新しい概念です。

過活動ぼうこうと前立腺肥大症についてのお話

前立腺がんと排尿障害について

前立腺肥大症と同様の排尿困難を呈する病気に、前立腺がんがあります。前立腺肥大症よりもやや早い50歳ごろから発生するようになり、初期には症状がありません。

前立腺がんと排尿障害についてのお話

女性の尿失禁と骨盤臓器脱について

骨盤臓器脱は、一般に耳慣れない病名ですが、女性の膣が外に飛び出てくる病気の総称です。ぼうこう瘤、子宮脱、直腸瘤、小腸瘤などに分かれますが、いずれも膣を支えている筋肉を中心とする「支持組織」が弱くなり、徐々に膣が下がってきて起こる病気です。

女性の尿失禁と骨盤臓器脱についてのお話

女性の頻尿と尿失禁 診断と治療

加齢とともに尿失禁の患者さんが増え、成人女性の約25%、つまり4人に1人は尿漏れの経験者です。尿漏れは大きく分けておもに腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の2つがあり、該当する方は自分がどちらなのかを知っておけば、病院を受診する際も症状をはっきり伝えることができます。

女性の頻尿と尿失禁 診断と治療についてのお話

最新の前立腺肥大症の治療 -トイレの悩み解消-

尿のトラブルで勢いが悪い、時間がかかる、力まないと出ないといった症状はありませんか。これらは前立腺肥大症の典型的な症状です。前立腺は膀胱の下にある男性の生殖器でこれが加齢とともに大きくなり、尿道を圧迫するため、こういった症状が現れます。

最新の前立腺肥大症の治療についてのお話

ED(勃起障害)について(外部サイト)

EDとは、「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」とされています。つまり、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、いずれもEDとなります。

ED(勃起障害)についての理解と
治療に関する情報はこちら

考えよう!!生活習慣病とおしっこのこと

日々の暮らしの中で不快でつらい症状な割に、親しい人にもなかなか相談できない排尿のトラブル。そんな悩みに応えるセミナー「考えよう!生活習慣病とおしっこのこと」(毎日新聞社主催、日本新薬後援)が2月11日、東京都中央区の時事通信ホールであった。髙橋悟・日本大学医学部泌尿器科学系主任教授「トイレの悩み解消~前立腺肥大症の最新治療」▽東幸仁・広島大学循環器科内科未来医療センター長・教授「おしっこと血管の意外な関わり!?」の二つの講演に続き、質疑応答も行われ、300人の参加者はうなずきながら熱心に聴き入っていた。
【大道寺峰子】

講演 <1> トイレの悩み解消〜前立腺肥大症の最新治療〜 講演 <2> おしっこと血管の意外な関わり!?

お役立ち健康情報サイト

  • 肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。

  • アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。

  • つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。

  • EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで

  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する