鼻の中の構造と機能

鼻の中は、 大きく鼻腔(びくう)と副鼻腔(ふくびくう)から構成されています。 

鼻腔の構造と機能

鼻腔は鼻中隔(びちゅうかく)によって左右に分けられています。  左右それぞれには、 側壁から通常3つの骨が張り出しており、 上から上鼻甲介(じょうびこうかい)、 中鼻甲介(ちゅうびこうかい)、 下鼻甲介(かびこうかい)とよびます。  この鼻甲介と側壁の間の空気の通り道を上から順に上鼻道、 中鼻道、 下鼻道とよびます。  鼻腔は血管が密集した粘膜で覆われており、吸った空気を温めたり、 加湿したり、 粘膜から分泌される粘液や表面に生えた線毛によってほこりや微生物などの異物を吸着・除去したりする機能を持ちます。  また、 鼻腔上部にある嗅(きゅう)細胞は、 捕らえたにおい物質の情報を脳に伝達し、 においとして感じさせる機能を持ちます。 

副鼻腔の構造と機能

副鼻腔は鼻腔の周囲にある空洞で、 頬の裏側にある上顎洞(じょうがくどう)、 目の間にある篩骨洞(しこつどう)、 額の裏側にある前頭洞(ぜんとうどう)、 鼻の奥にある蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4種類があります。  これらの副鼻腔は細い孔(あな)(自然孔)で鼻腔に通じており、 鼻呼吸をすることで空気の交換が行われています。  副鼻腔も鼻腔と同様に、 線毛をもつ粘膜で覆われ、 入ってきたほこりや微生物を除去しています。 

患者さん・ご家族の皆様へ

ピックアップ

肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する