※先生のご所属は記事作成当時のものとなります

医師の適切な診断と処方で「ED」の壁を乗り越える

健康診断で生活習慣病やその危険因子(高めの血圧や血糖など)を指摘されてはいないだろうか?さらに、ED(勃起障害)の不安はないだろうか?

丸茂 健先生
日本性機能学会理事長
東京歯科大学市川総合病院 泌尿器科教授 医学博士
丸茂 健 先生(まるも・けん)

EDの積極治療に取り組みオン・オフとも充実の毎日を

ED(勃起障害)── 男性にとって深い悩みでありながら、なかなか病院には足が向かない病気である。

永井 敦先生
川崎医科大学
泌尿器科学教室 教授
永井 敦 先生(ながい・あつし)

男性更年期について

中高年ともなれば男性も男性ホルモンが減り始めます。男性ホルモンの量は唾液や血液で測ることができるのですが、その分泌量は20代の頃が最も高く、以降少しずつ下がってきます。

堀江 重郎先生
帝京大学医学部・泌尿器科学教室主任教授
同付属病院泌尿器科長
堀江 重郎 先生(ほりえ・しげお)

男の「アイデンティティ」を取り戻し健やかな生活を

ED(勃起障害)の悩みはセックスの悩み─。確かにそうだ。
しかし、心身に深刻な影響を及ぼす可能性をはらんでいるという事実は、まだまだ周知されていないのが現状だ。

荒井 陽一先生
東北大学大学院医学系研究科・泌尿器科学分野
教授 医学博士
荒井 陽一 先生(あらい・よういち)

将来の重病を示唆するマーカー EDの治療こそみなぎる活力の源泉

ED(勃起障害)の陰に潜んださらなる危険性を、中高年男性は認識しておいたほうがいい。

永尾 光一先生
東邦大学医学部泌尿器科学講座
リプロダクションセンター教授 医学博士
永尾 光一 先生(ながお・こういち)

男性ハツラツの秘訣について

中高年とみなさんは今、男性と女性のどちらが元気と思われますか?

堀江 重郎先生
帝京大学医学部・泌尿器科学教室主任教授
同付属病院泌尿器科長
堀江 重郎 先生(ほりえ・しげお)

働き盛り世代を襲う男性更年期障害 男性ホルモン低下が招く多様な症状

あなたは「最近、パワー不足で・・・」などと感じていないだろうか?もしかしたら男性更年期障害かもしれない。

辻村 晃先生
大阪大学大学院医学系研究科
器官制御外科学(泌尿器科)准教授
辻村 晃 先生(つじむら・あきら)

ピックアップ

  • 肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。

  • アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。

  • つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。

  • EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで

  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する