男性ハツラツの秘訣について

帝京大学医学部泌尿器科学教室主任教授
同付属病院泌尿器科長

堀江 重郎 先生
(ほりえ・しげお)

1960年生まれ。医学博士。1985東京大学医学部卒業。東京大学医学部、米国テキサス大学、パークランド記念病院、国立がんセンター中央病院、東京大学医科学研究所などを経て、1998年東京大学医学部講師、2002年杏林大学医学部助教授。2003年より帝京大学医学部泌尿器科学教室主任教授、同付属病院泌尿器科長。

EDは血管の老化の現れ

 みなさんは今、男性と女性のどちらが元気と思われますか?
 佐賀県での調査結果では「わくわくすることがある」「おしゃれに気をつけている」「自分の役割がある」「心の底から笑える」「食事がおいしく食べられる」の5項目について、各年代の男女の答えは、どの項目も女性の方が男性を上回っていました。また、女性は年をとるごとに着実に自信をつけ、男性は50代以降、自信が減る傾向にあります。
 では、男性がどうやったら元気になるか、そのカギになるのがホルモンです。

【男性ホルモン】

 テストステロンというホルモンは、筋骨隆々の体つきにしたり、男性の性機能と関係することから「男性ホルモン」と呼ばれています。最近の研究で、男性ホルモンが女性にも重要な働きをしていることが分かってきました。例えば、新しいことにチャレンジする、自分の仲間や家族を大事にする、スポーツなどでの競争意欲など、社会とのかかわりで大事な役割を果たしているのです。
 男性ホルモンの値が高ければいいわけではありませんが、著しく高い人は芸術家や政治家など自分を強く表現する職業につく傾向にあります。
 また、顔の長い人はこのホルモン値が高い傾向にあり、指の長さでは、人差指より薬指の方が長い人は男性ホルモン値が高い傾向にあり、女性で薬指の方が長い人は理数系の仕事につく人が多いといわれています。

イラスト

【男性更年期】

 男性ホルモンは咀嚼能力や意欲、認知機能など生活に関する満足感とも関係しています。男性ホルモンが減ると意欲や集中力が低下し、不安やいらいら、うつ、ほてり、めまいなどの症状が出てくる人もいます。
 この状態を最近は男性更年期と呼ぶようになっています。女性の更年期はすべての女性にあり、一時期を過ぎると必ずよくなるのですが、男性の更年期は誰もがなるわけではなく、時期も分かりません。
 男性ホルモンの量は個人差が大きく、加齢やストレスにともない低くなる傾向にあります。低くなると内臓脂肪が増え、高血圧、糖尿病、がんなどいろいろな病気になりやすくなります。
 男性ホルモンを高める方法もあります。たとえば赤い色のものを着る、運動する、リラックスして神経を休める、旬の食材を使いいろんな食品をバランスよく食べる、腹7分目にするなどです。

【EDは健康のバロメーター】

 自分のホルモンが減っているかどうか普通は気づきませんが、男性ではED(勃起障害)がひとつの目安になります。EDは血管の老化のあらわれで、ED患者は高血圧や心筋梗塞になりやすいのです。男性は朝起きたときに勃起があるかないかを健康のサインにしてもらえればと思います。40歳以上では約半数の男性が大なり小なりEDといわれています。EDに効果があるPDE5阻害薬という薬剤は血管を健康にする効果も期待されますので、ぜひ専門医にご相談ください。

お役立ち健康情報サイト

  • 肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。

  • アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。

  • つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。

  • EDの理解から治療に関する情報と、ED治療薬の適正使用まで

  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する