骨髄異形成症候群について

血液細胞のできるしくみ

末梢血液中を流れる血液の細胞は、酸素を運搬する「赤血球」、止血にかかわる「血小板」、感染防御を担う「白血球」の大きく3系統に分類されます。
これらの血液細胞は、全て「造血幹細胞」という細胞から造られています。造血幹細胞は、骨の中にある「骨髄」で成長(=分化)し、一人前の機能をもった血液細胞に成熟した後、末梢血液中に送り出されます。

イラスト

骨髄異形成症候群(MDS)とは

MDSとは、骨髄中の造血幹細胞に異常が起き、正常な血液細胞が造られなくなる病気です。
正常な血液細胞が減少することで、貧血、出血傾向、感染に伴う発熱などの症状が現れます。一人前の細胞になる途中で血液細胞が壊れてしまう「無効造血」や、造られた血液細胞の形が異常になる「異形成」といった特徴が認められます。
また、一部の患者さんでは、MDSが進行し「芽球」と呼ばれる未熟で異常な細胞が増える「急性白血病」に移行することがあります。

イラスト
イラスト

お役立ち健康情報サイト

  • 肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。

  • アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。

  • つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。

  • EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで

  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する