骨髄異形成症候群の治療の流れ

さまざまな検査を行い、治療方針が決定され、治療が始まります。

診断

イメージ
医師の診察
困っている症状、全身の状態
これまでの病歴や治療歴 など
血液検査
血液細胞(赤血球、血小板、好中球)の数
血液細胞の異形成
心臓、腎臓、肝臓などの機能 など
骨髄検査
骨髄中の芽球の割合
染色体異常の有無 など

治療方針の決定

イメージ

骨髄中の芽球の割合、染色体異常、血液細胞の減少の程度などをもとにリスク分類を行います。

実際の治療

イメージ

リスク分類に加え、年齢や全身状態、本人の希望などを考慮し、治療を開始します。

お役立ち健康情報サイト

  • 肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。

  • アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。

  • つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。

  • EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで

  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する