『今月の花』

1月の花

オベロニア・エンシフォルミス

Oberonia ensiformis (Sm.) Lindl.(Orchidaceae/ラン科)
オベロニア・エンシフォルミス
オベロニア・エンシフォルミス

※画像の部分をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

オベロニア・エンシフォルミスはヒマラヤ東部から太平洋諸島にかけて広く分布する小形の着生蘭です。日本には同属のヨウラクラン(Oberonia japonica (Maxim.) Makino)が分布します。ヨウラク(瓔珞)とは仏像の天蓋に付ける垂飾のことで、長く下垂する花序に因みます。属名Oberoniaはヨーロッパ中世の伝説に登場する妖精の王Oberonのことです。種小名ensiformisは剣形葉の意味です。同種異名でO. iridifolia (Roxb.) Lindl.という呼び方もありますが、この種小名もやはり草姿がアヤメ属(Iris)の形をしていることに因みます。この属の植物はどれも同じような草姿をしているのに、本種だけがことさらに剣形葉を主張しているのは、単に発見、命名が早かったからでしょうか。

オベロニア・エンシフォルミスは1枚の葉の長さが10~15cmくらいで5、6枚がアヤメのように重なって互生します。花序は先端から伸びます。長さ10cmほどの花茎に長さ2mmほどの極めて小さな花を輪生します。この花を、多くのランの花と同じように唇弁を下に向けてみますと、黄色の頭髪を逆立てて腕を広げ空中に浮かぶ小人のように見えます。たくさんの小人が花茎を取り巻く様を見れば、妖精の王の名前が付けられたのも納得です。

オベロニア・エンシフォルミスは中国南部では薬用となります。全草を煎じて服用、または撞いて外用します。膀胱炎、尿道炎、打撲傷、骨折に効果があるといわれます。

  • オベロニア・エンシフォルミス
    オベロニア・エンシフォルミス
  • オベロニア・エンシフォルミスの花
    オベロニア・エンシフォルミスの花

※画像の部分をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

|  バックナンバー 植物図鑑DBトップ  |

ピックアップ

アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで

この画面を印刷する