MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION

機能食品ができるまで

「医食同源」の考えのもと、1961年から機能食品事業は始まりました。
医薬品事業で培った高い技術力とノウハウを駆使し、
一人ひとりの健康を支える機能食品を生み出しています。

機能食品開発の主な流れ

  • 市場調査

    食品メーカーや消費者などのニーズを的確に捉え、世の中で必要とされる食品素材のコンセプトを考案していきます。

  • 研究開発

    市場調査に基づくニーズから食品素材の試作を行います。
    また、社内の要素技術(シーズ)から今までになかった素材を創り出します。

  • 製品化

    試作品に市場性が認められる場合、正式に製品として量産の方法を検討します。
    医薬品の製造で培った生産技術を応用しています。

  • 販売

    開発された新製品は、営業活動を通じて食品メーカーなどに採用され、最終的に食品やサプリメントなどの原料となります。

PAGE TOP