MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION

トップメッセージ

新薬の提供を通じて、患者さんに福音をもたらし、社会にとって存在意義のある製薬会社を目指しています。

「自ら考え行動する人」とともに、
患者さんのために、特長あるくすりを創り続ける

日本新薬は、1919年、京都にて医薬品の製造を始めました。以来、約100年にわたって新薬の開発に取り組み、患者さんにとって福音となる、特長あるくすりを創り続けることを使命として、医療現場に貢献することを求め続けています。
当社が目指しているのは、患者さんや医師などの医療関係者から信頼される企業であり、社会にとって存在意義のある企業となることです。「病気で苦しむ患者さん一人ひとりの思いに寄り添い、治療に役立つ新薬を提供していく」ことを何よりも大切にして医薬品事業を展開し、健康に対するニーズの高まりから機能食品事業にも注力しています。

当社は、研究開発を志向する製薬メーカーとして、昨今のライフサイエンス分野における目覚ましい成果や、最新のテクノロジーを積極的に導入しています。その結果として、近年は特に、患者さんの数が少なく、それゆえに十分な治療が行えていなかった疾患の新薬についても、継続的に上市(発売)してきました。そして、今後とも、このような特長ある新薬を積極的に開発していくことで、患者さんへの貢献を目指していきます。

未知の分野を開拓し、新薬を生み出すことは決して容易ではありません。夢の実現までには、基礎研究から開発、生産、営業に至るまで、社員一人ひとりが自律的に考え行動するたゆまぬ努力が必要となります。
当社では、これまで培ってきた医薬品創りの技術と経験を生かすとともに、社員全員が「患者さんのために尽くしたい」という思いを共有して、各自の使命を果たしています。当社の製品が医療機関から信頼されているのも、社員一人ひとりの信念に基づく行動が認められているからだと思います。

日本新薬らしさとは何か?

多様な発想を自在に生かし、既成概念にとらわれない社風。それが他にはない新薬を生み出していく。

日本新薬は、患者さんの治療に役立つ医薬品創りを目指して、社員一人ひとりが自らの貢献のあり方を考え、行動に結びつけています。
私たちが誇る「日本新薬らしさ」をぜひ知ってほしいと思います。

日本新薬らしさ 01

ものづくりが原点の製薬企業

日本の製薬企業は、その多くが薬種商(薬を調合・販売する店)を原点としているのに対して、当社は創業時点からくすりの製造を手がけました。
その伝統を継いで、ものづくりを大切にして、品質の高い医薬品や機能食品素材を創っています。

日本新薬らしさ 02

発想の多様性と独自性を尊重

他社にはない製品を生み出す原動力は、発想の多様性と独自性を尊重しているからです。
社員の中には個性豊かな人が少なくありません。だからこそ、既成概念にとらわれることなく、自在な発想のもとで、何事にも挑戦することができるのです。

日本新薬らしさ 03

個人が切磋琢磨し、チームとして力を発揮する

当社の強みの一つは、チーム力です。
社員一人ひとりが自らの力量を高めるための努力を重ねているとともに、基礎研究から開発、生産、営業に至るまで、チームとして力を発揮して、患者さんへの貢献を目指しています。

日本新薬らしさ 04

人としての誠実さを大切に

創業以来、当社が培ってきたのは、真摯な思いを大切にして医療現場で役立つことです。
医師などの医療関係者をはじめとして、医療現場にかかわるすべての人に対して誠実に接することを第一としてきました。
どんな時でも誠実な態度を貫いたからこそ、社会から信頼される企業になったことを誇りに思っています。

日本新薬らしさ 05

自ら考え行動する

医薬品は高度な専門知識が求められる製品です。それを手がける企業として、最先端の技術を追求することが欠かせません。
しかしながら、知識偏重の企業であってはならないと当社は考えます。
社員一人ひとりが心身ともに健全であることを重んじ、自ら考え行動する、明るく、元気な企業でありたいと思います。

日本新薬らしさ 06

「なぜ?」を何回も繰り返す

日頃の業務において、問題が起こった場合には、その原因を把握・分析し評価すること、すなわちチェックが最も大切です。
しっかりとチェックをしなければ、次につながらず、いつまでも計画を実現できません。
「なぜ?」を何回も繰り返し、同じ仕事の進め方、考え方から脱却して独自基盤を構築し、必ず新たな成長を遂げるんだという強い思いを持ち続けることが大切です。

PAGE TOP