MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION 2018

臨床開発職

臨床試験を重ね、くすりの有効性を示す。

臨床試験(治験)を行い、ヒトの体内におけるくすりの有効性を検証する臨床開発職。その仕事は、治験計画を管理する「品目業務」と、医療機関を訪問し、治験が適切に行われているかを監視する「モニター業務」の2つに大きく分かれています。臨床試験には第Ⅰ相から第Ⅲ相までの段階があり、7年以上の長期間にわたることもあります。その臨床試験で有効性・安全性が認められたくすりだけが、製造販売承認申請を行うことができます。
日本新薬が注力する難病・希少疾患においては、前例がない治験を行うこともあるため、患者さんや先生に目的を正確に伝え、信頼関係を築くことが重要です。

臨床開発職ワークフロー

この仕事で、求められる力。
身につく力。

  1. 1信頼を築くコミュニケーション能力
  2. 2一日でも早く治験を完遂するための計画性
  3. 3治験計画からデータ分析まで、あらゆる情報を処理する力
  4. 4過去の事例や規制に応じて対応できる柔軟性

PAGE TOP