MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION

本気な社員たち

MR職 中村 文哉/営業本部 東京支店/第一営業所 第一HPチーム/2012年入社 薬学部卒

治療の土台を築き、希少疾患の患者さんを陰から支えていく。

薬学部だった私は、もともと病院薬剤師を目指していました。しかし、薬局での3カ月の実習の際、肺動脈性肺高血圧症(PAH)の患者さんを担当し、希少疾患の勉強をはじめたことがきっかけで、MRという仕事に興味を持つようになりました。患者さんだけでなく、専門医も少ない希少疾患。MRとなり、先生を介してくすりを広めていくことで、患者さんたちを救いたい。入社前に抱いたその想いは、今も変わることなく、自分を動かす力になっています。

より深くまで、相手を知ろうとする姿勢。

MRには、信頼関係を自ら築いていくコミュニケーション力が求められます。相手が何を考えているのか、どんな情報を求めているのか。常に相手を意識して行動することが、何よりも重要だと考えています。限られた面談時間のなかで、先生の言葉の一つひとつを傾聴し、次のステップにつながるきっかけを見つける。相手にとっても意義を感じていただける面談を繰り返すことで、信頼を積み重ねていきます。
人を深くまで知ろうとすることで、準備する情報もより適切なものに変わっていきます。先生が発表された論文の全てに目を通すことはもちろん、先生の外来での動き方や、看護師さんや他の先生との関わり方などをよく観察することも、MRの仕事のひとつだと考えています。事前に相手の質問を予測し、より深くまで掘り下げた情報を提供できれば、より良い関係を築くことができると思います。

チーム医療の一員である自覚を持つ。

日本新薬は、患者さんが少ない難病・希少疾患に注力して取り組んでいるため、先生も処方されたことのない製品も数多く取り揃えています。そのため、先生からのご相談に適切に応えることが、処方の手助けにつながることもあります。ある患者さんに対し、治療介入するかどうか、というところからご相談を受けたことがありました。製品の特長から最新の論文まで、あらゆる情報をお伝えし、先生の治療方針づくりをサポート。副作用のコントロールなど、薬剤師の方とも相談を繰り返し、治療の土台をつくりあげていきました。治療がはじまり、先生から「患者さんもご家族も喜んでいらっしゃったよ」とご報告を受けた時は、患者さんの顔は見えずとも、治療に貢献できたことに深い喜びを感じました。
日本新薬は、挑戦を続ける会社。日々仕事に取り組むなかで、大きな成長の到来を実感しています。私も、疾患に関する知識を蓄え、実績を積み上げることで、社内全体を巻き込んでいけるような人材に成長したいと思っています。専門とする領域で、医療の未来を導いていく。会社としても、個人としても、さらに大きく動いていきたいと考えています。

オフの過ごし方

趣味であるゴルフはレッスンも受けているのですが、妻との対決は連戦連敗中…。いつか勝利を収めるため、特訓に励んでいます。また、飛行機が大好きで、昨年は50回以上フライトし、国内で運行している機体にはほぼ全て乗りました。そのため、毎週のようにあちこちに旅行に出かけており、休日は家にいることはほとんどありません。気分が入れ替わり、仕事の活力の源になっています。

FLOW OF THE DAY

1日のスケジュール

8:00病院への朝駆け

朝は先生とお会いできる貴重な時間。前日までに準備した資料や情報をもって先生のもとを訪れている。

9:30面談資料の準備

会社に戻り、面談に向けて情報を調べ、資料を作成。アポイントの依頼など、内勤業務を行う。

11:30大学病院に訪問、先生と面談

担当する大学病院に訪問し、先生と面談。話している間だけでなく、働き方も観察し、次回の面談につなげる。

14:00昼食、メールの確認

面談の合間を縫って昼食、メールを確認。午後からの面談の準備も行う。

15:00基幹病院に訪問、先生と面談

曜日によって変わるが、1日に10人をひとつの目標に、先生と面談する。それぞれに段階を踏んで情報を提供。

18:30帰社、日報作成

会社に戻り、面談の内容を整理するとともに、日報を作成。資料の作成などの内勤業務を終えてから帰宅する。

HISTORY

経歴

1年目
東京支店に配属、診療所・クリニックを担当

東京支店に配属され、診療所・クリニックを約100件担当した。多くの先生方とお会いするなかで、社会人としてのスキルが磨かれていった。人とお会いする仕事をしている以上、特に身だしなみには気を使った。

3年目
都内基幹病院を任される

専門的な情報を求められる機会が徐々に増え、勉強に一層力を入れるようになった。自社製品に関する社内の認定制度では、基本的なレベルであるベーシックから一歩進んだ、アドバンスに合格。

製品プロモーターを務める

がんや慢性の痛みを抑える「トラマール」という製品のプロモーターを担当。社歴に関わらず大きな仕事を任せてもらえることは、日本新薬の特長のひとつ。責任を感じながら気を引き締めて取り組んだ。

4年目
大学病院を受け持つ

最先端の医療施設である大学病院の担当に。知識だけでなく、わかりやすく伝えるために情報提供の方法もブラッシュアップし、社内認定制度ではより高度なレベルであるスペシャリストの資格を取得。

PAGE TOP