MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION

本気な社員たち

医薬品研究職(製剤部門) 小田 敬昌/研究開発本部 創薬研究所/CMC技術研究部/2015年入社 薬学研究科修了

やれば、やるだけ、チャンスをもらえる。挑戦の先に、成長がある。

くすりが生体内で十分な効果を発揮するためには、技術的な工夫が必要となります。CMC技術研究部では、粉末状の化合物に添加剤を混ぜ、服用や安定した生産に適したかたちにしています。私は薬学部出身ですが、製剤はまた特殊な領域。1からの勉強となりましたが、実験を繰り返すことで、一つひとつ知識が身につき、成長の手応えを感じています。

肌触りのある実践経験が、成長を支えてくれる。

最近のくすりは難溶性の化合物も多く、体内でしっかりと溶け、くすりとしての効果を発揮するためには、製剤の段階で工夫を求められるケースが増えています。添加剤の種類や量を変更し、配合比率を何通りも試すことで、目標とする品質を実現し、有効成分を実用化に近付けています。
製剤研究は、頭で理論的に考えるばかりでなく、目で見たものや触った感触がブレイクスルーにつながることもある、面白い分野です。たとえば、ある品目に関して何度実験を繰り返しても思うような結果を得られず、焦りを感じていた時のこと。先輩に助言をいただき、研究の原点とも言える観察に立ち返り、錠剤の崩壊挙動を自分の目で確認することに。違和感を覚えた箇所を、文献やデータをもとに調査することで、課題を解決することができました。こうした肌触りのある実践経験の一つひとつが、研究者としての糧になっていると感じています。

新たな独自性を生む、止まることのない挑戦。

日本新薬には、社歴の長さに関わらず、一人ひとりの考えや提案を尊重してくれる環境があります。入社1年目、添加剤を混ぜてできた顆粒にさらに外から新しい添加剤を加えて錠剤をつくる提案をした時は、その意見を採用してもらい、自分が中心となって実験を行う機会をいただきました。結果は思うようにはいかなかったのですが、挑戦できるチャンスを与えてもらったことは、大きな自信とモチベーションにつながりました。
今後も積極的に意見を発信し、自分が携わる領域において研究をリードしていけるようになりたいと考えています。その上で、後輩ができた時にも、後輩が自ら提案しやすいように接していきたいと思います。新たな可能性に挑戦し、成長を続けている日本新薬のなかで、自分自身もその成長を担う一員として、新しい独自性を発信していきたいと思います。

オフの過ごし方

体を動かすことが好きで、休日は社内の硬式テニス部の練習や試合に参加することも多いです。社内の人はもちろん、対外試合を通して、さまざまな業種の方とつながり、交流が広がっていくところも面白いところです。テニスだけでなく、先輩たちとの卓球対決も、楽しみのひとつ。休日だけでなく、昼休みの時間を利用して熱戦を繰り広げています。スポーツを一緒に楽しむことで、より深い関係を築くことができていると感じています。

FLOW OF THE DAY

1日のスケジュール

8:00実験計画の確認

実験がスムーズに行えるよう、1日の実験計画を確認する。

9:00実験開始

錠剤の製造作業と物性評価を行う。熱に弱い、湿度に強いといった添加剤ごとの特性を検証することもある。

12:00昼食、先輩方と卓球でリフレッシュ

集中して研究に打ち込んだ分、昼休みは先輩たちと卓球で汗を流し、思いっきりリフレッシュ。

13:00実験再開

錠剤の品質に関する試験を行う。臨床試験で正確なデータを取るためには、治験薬の品質の安定は絶対条件。

16:00品目テーマのミーティング

自分が担当する品目テーマについて、チームメンバーと情報を共有。進捗状況を確認し、スケジュールを調整する。

17:00実験データの解析、5S活動

その日1日の実験データを解析し終えたら、掃除や整理整頓といった5S活動を済ませてから帰宅。

HISTORY

経歴

1年目
プロジェクトの一員として品目を担当

2つの品目について開発の推進を担当。実験器具の組み立て方や使い方など、製剤研究者としての基本を仕事のなかで身につけた。先輩方の支えもあり、ひとつずつできる仕事が増えていった。

錠剤処方を考案

臨床試験に向けて、見た目では区別がつかない同じ大きさの錠剤で、有効成分の含有量が違うものが必要になった。自分で配合比率を考え、実践を繰り返すことで、求められていた品質を実現することができた。

2年目
DDS関連の検討を開始

学生時代に研究していた領域でもある、DDS(ドラッグデリバリーシステム)の検討を本格的に開始。まずは、多岐にわたる技術と、それぞれのメリットの調査からはじめている。

若手教育プログラムに積極的に参加

2年目の若手社員が参加する、部門ごとの専門的な研修を受講。製剤に関して、知識も経験もまだまだ浅い自分にとっては良い機会だと思い、積極的に質問するなど、主体的に参加している。

PAGE TOP