MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION 2018

本気な社員たち

医薬品研究職(化学部門) 小手 俊明/研究開発本部 創薬研究所/探索研究部/2014年入社 薬学研究科修了

人の考えを尊重する日本新薬だから、自由な発想が生まれていく。

入社前に参加した、会社説明会『縁日』。そこで出会った社員の方々から伝わる、一人ひとりを大切にする社風と、あたたかみのある人間性に惹かれました。入社してから感じているのは、ただアットホームなだけではなく、人の考えを簡単に否定せず、お互いの意見を尊重しながら、より良い考えを導いていく環境があるということ。若いうちから自分の考えをもって実験に携わることができ、研究者としてのやりがいを強く感じています。

小さな成功体験の積み重ねが、モチベーションの源に。

探索研究部は、化学部門と生物部門に分かれています。私が所属している化学部門では、新薬の根幹になる、候補化合物の合成を行っています。出来上がった化合物を生物部門へつなぎ、動物実験などでその効果や活性を検証。フィードバックされた結果から課題を見つけ、それを解決できるよう、新たな合成に移っていきます。生物部門とのやり取りは日々繰り返され、ひとつの研究テーマにつき1,000種類以上の検体を合成することもあります。
医薬品研究職は、10年以上かかることもある創薬において、新薬の可能性をはじめに見つける役割を担っています。自分たちの手でくすりをつくりたい、という想いと、目に見える課題の解決が、モチベーションの源。活性が弱い、代謝されやすいなど、いくつもの課題に対し、実験を繰り返して検証と検討を重ね、クリアできた時は、やはり嬉しく思います。短いスパンの目標を確実に達成し、成功体験を積み重ねていくことで、高いモチベーションをもって仕事に取り組んでいます。

自分の興味や発想も、研究のスタートラインに。

自分が興味を持った領域を追求し、新規テーマを起案することも、医薬品研究職の仕事のひとつ。自分でテーマを設定し、ニーズがあるのか、事業として育てていけるのかを検証。方向性が見えてきたら、上司に相談し、テーマとして立ち上げていくことになります。関心がある領域の研究に打ち込むことができるのは、研究者冥利につきます。
新規起案の時だけでなく、日本新薬では、風通しの良い環境が、若い研究者たちを後押ししてくれていると感じます。たとえば、合成が困難であることがわかっていたため、つくりたい化合物のひとつでありながら、なかなか着手できなかった化合物に取り組んだ時のこと。先輩方と議論を重ねながら、1から合成の条件やルートを検証。従来の手法とは異なるルートを見つけ、合成に成功しました。残念ながらその化合物が候補品になることはありませんでしたが、自分の考えを尊重し、意見をくださった先輩方とともに合成できたことは、研究者としての自信につながりました。

オフの過ごし方

社内にはクラブ・サークルがいくつもあり、私はバスケットボール部とテニス部に所属。テニス部では、年に1回催される社内大会に向けて練習を積んでいます。テニス部だけでなく、外部でテニスをしている方から未経験者まで参加するため、かなり多くの人数が集まります。テニスだけでなくバレーボールやソフトボールなどの大会もあり、実務で普段は関わることのない職種の人とも距離が縮まる、良い機会になっています。

FLOW OF THE DAY

1日のスケジュール

8:00メール、スケジュールの確認

出社してまずはメールに目を通し、実験予定など1日のスケジュールを確認。

8:30実験開始

探索研究の実験を行う。生物部門からフィードバックされた課題の解決を目指し、原因を考えて検証実験を行う。

12:00食前に運動し、昼食

運動して軽く汗を流してから昼食。社内には体を動かすジムやグラウンドがあるので、よく利用している。

13:00週報会

実験の進捗状況や、現状の課題点など、それぞれが担当するテーマについて報告し、先輩方と情報を共有する。

14:00実験を再開

新規テーマの起案のための調査や、検証実験も行う。また、実験で出たデータを共有出来る形にまとめることも。

17:00勉強会

化学部門の勉強会に出席。週にひとり、他社での成功事例についてなど、持ち回りで最新の情報を調査し報告し合っている。

HISTORY

経歴

1年目
CMC技術研究部に配属

最初に配属されたのは、有効性が認められた化合物を定常的に生産できるようにするCMC技術研究部の原薬部門。くすりをつくるためには、有効成分をつくるだけでなく、不純物の管理など、徹底した品質管理が求められることを痛感。

導入品の安定生産に取り組む

他社が開発中の医薬品を導入し、原薬の安定生産に取り組む。何度実験しても再現性が取れず、原因をひとつずつ調べて検証していった。数多くの仮説を立て、試行錯誤を繰り返すことで、再現性を得ることができた。

2年目
原薬の製造委託先の選定に同行

医薬品原薬の製造委託先選定のため、上司と九州へ出張。3日間で3社を巡る出張だった。最終日は直属の上司が不在ということが分かっていたため、最初の2社で上司の言動を細かく観察し、最後の1社では代表として質問できるようになった。

統計学的手法を部門内に取り入れる

実験回数をより少なく、より多くの情報を得るための手段として、実験に統計学的手法を取り入れることを提案、実際に採用される。社歴に関わらず、提案を受け入れてくれる土壌があることを実感。

3年目
探索研究部に異動

はじめての異動を経験。異動当初から幅広くテーマを与えられ、やりがいを実感。テーマそれぞれに大まかなスケジュールはあるものの、実験の方法や進め方は委ねられるため、時間の管理にも気を使うようになった。

PAGE TOP