MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION

本気な社員たち

学術職 徳田 循/営業本部  大阪支店/近畿・東海学術部/2015年入社 薬学部卒

MRと二人三脚で、くすりを届ける。くすりを育てる。

日本新薬は、専門領域に特化し、独自性のあるくすりを生み出す企業。これまでにない価値を普及させることは、簡単ではありません。学術職は、自社製品の価値を、わかりやすく正確に伝えていく仕事。疾患やくすりのことを徹底的に勉強し、どんな質問や相談にも適切な情報をもって応える。そうすることで、MRが築き上げた先生方からの信頼を、より強めていくことが、学術職の大切な役割です。

誰よりも、くすりに詳しくあるために。

自社製品に関して、先生方がはじめに質問される相手はMRです。しかし、経験豊富な先生方からの質問は高度な内容であることも多く、専門的な領域に詳しいMRでも応えきれないこともあります。そんな時に、くすりや疾患に関するプロフェッショナルとして、MRや先生方に情報を提供するのが学術職。先生方のご質問に応えるだけでなく、その先の患者さんのことも考えた、自社製品の適正な普及に務めています。
特に、医療機関の薬剤部で説明会を開く時などは、より細やかな情報提供が必要になります。私が担当した時も、くすりの有効性や安全性についてだけではなく、具体的な服用方法についての質問を受けました。錠剤を粉末状にしても大丈夫なのか、食後以外に服用しても問題はないのか。論文やデータを調査し、それでもわからないところは先輩にアドバイスを求めたり、本社の学術部門に問い合わせたりしながら根気強く調べ、確かな情報を持ってお応えしました。

MRと支え合いながら、くすりを届けていく。

前例のない、希少疾患に対する新薬の処方には、先生方も慎重になられます。だからこそ、MRに同行し、直接先生方に新薬の情報をお伝えする時は、熱が入ります。ある医療機関で、ひとりの先生が、新薬に興味を示してくださった時のこと。面談に向け、担当MRと2人で説明の順序を組み立て、万全の準備を整えました。無事に面談を終え、駐車場でお互いの労に感謝しつつ、次の面談へ向けて反省会をしていた時は、MRの仕事への熱意を感じ、自分も負けていられないと思いました。
発売直後の新薬は、限られた条件で行われた治験のデータしかありません。より多くの患者さんにくすりを届けるために、先生方との面談では、実臨床における用例を詳しくお聞きしています。別のくすりから切り替えた場合や、高齢の患者さんへの有効性など、さまざまな条件下でのデータを蓄積し、くすりを育てていく。MRと二人三脚でくすりを世に広げていくことが、自分の使命だと考えています。

オフの過ごし方

休日は、大学時代の友人とゴルフを楽しんでいます。大阪支店のMRさんや入社してから知り合った方たちと一緒に回ることもあります。ゴルフは敷居が高いスポーツだと思っていましたが、いざはじめてみると、少しでもスコアを良くしたいと熱くなったり、多くの方との交流もできるので、いい趣味ができたと感じています。

FLOW OF THE DAY

1日のスケジュール

9:00メール確認、日報作成

まずはメールを確認し、今日何をするべきなのかを把握する。週に1回提出する日報も朝のうちに作成。

10:00面談資料の作成

面談で受ける質問を予測し、事前に答えられるように資料を準備。MRと打ち合わせを行い、お会いする先生の情報を共有しておく。

13:00先生方とのアポイント

MRに同行し、1日に2〜3件、先生と面談。資料をもとに情報を提供し、さらにどんな情報を求めているかをヒアリングする。

16:00説明会

自社製品の説明会は、1時間以上かかることもある。丁寧にわかりやすくお伝えできるよう、言葉遣いには十分に気をつけている。

18:00情報の整理

会社に帰ってから、面談で受けた質問を整理し、次のアポイントに向けて新しい情報を収集する。

HISTORY

経歴

1年目
PAH領域担当学術に任命

学術職にはそれぞれに専門領域がある。半年間の研修後、PAH(肺動脈性肺高血圧症)領域の担当に任命され、その領域における自社製品の特徴を学ぶところからはじめた。

講演会での自社製品紹介を担当

新製品発売に向けての講演会を開催し、自社製品の紹介を担当した。専門領域に明るい先生方が多く出席されているので緊張したが、責任が大きい仕事を任せてもらえたことは刺激になった。

2年目
新製品発売を推進

PAH治療剤である新製品が、年内に販売承認が降りる見通しが立ったこともあり、発売推進活動が本格化。より一層勉強に身を入れ、説明会だけでなく、日頃の面談から新製品の普及に務めた。

後輩への教育

2年目になり、後輩ができた。学術職の新卒採用は自分が第1期。担当する領域は違うが、一番年齢の近い先輩として、文献の調べ方や電話の取り方、言葉遣いなど、学術職の基本を教えている。

PAGE TOP