MENUCLOSE

エントリー・マイページ

NIPPON SHINYAKU CO., LTD. RECRUITING INFORMATION

本気な社員たち

MR職 元井 美沙樹/横浜支店/第二営業所 第一GPチーム/2014年入社 文理学部卒

自分を、知ってもらう。その信頼の先に、患者さんがいるから。

日本新薬に入社を決めたきっかけは、「愛のある会社」だと思ったから。縁日(会社説明会)で出会った社員の皆さんが、学生を選ぶというよりも、一人ひとりの良いところをしっかりと見ようとしてくれていると感じました。最終面接の前、控え室で緊張しているときに、「あなたのこんなところが素敵だと感じて、一緒に働きたいと思いました。自信を持って臨んでください」と、励ましてもらえたことは、今でも忘れません。

心に残り続ける、MRをめざして。

MRの仕事は、くすりの情報を提供すること。しかし、その前に先生方に信頼していただくことが大切です。はじめは話を聞いていただくどころか、顔も見ていただけないこともありました。くすりを知ってほしいのに、患者さんの役に立ててほしいのに。自分の熱意は空回ってばかりでした。そんなとき、上司から「まずは、ちゃんと自分をわかってもらわないと」とアドバイスをもらいました。くすりを知ってもらうために、話を聞いていただくために、まずは私を知ってもらうこと。それが大切なんだと気づき、自分の出身地やMRになった理由まで、さまざまな話をしました。そうして築いた信頼の先に、くすりを待つひとがいる。そう思えるようになってから、仕事にやりがいを感じるようになりました。ある施設の先生から、先輩社員の名前を聞いたことがあります。何十人ものMRと会う先生が、たった一人の名前を覚えていらっしゃる。きっとそこには、深い信頼があったのでしょう。私も、10年後、20年後になっても「元井というMRがいたな」と思い出してもらえる、心に残るMRになりたいと思っています。

女性MRとしての、道をつくっていきたい。

女性にとって、MRは時間や環境の面で活躍を続けるのが難しい仕事だといわれています。そんななかでも、私が働く横浜支店には、女性MRとして活躍されるパイオニアの方がたくさんいらっしゃいます。そんな先輩に憧れを抱くとともに、自分も後輩たちにとっての道しるべになりたいと思います。
工夫次第で、働き方は変えられます。私は結婚してから、家庭と仕事を両立するために、どれだけ時間を有効に使えるかを考えています。出社前に卸売会社に訪問し、MSさんと協力体制をつくる。社内にいる短い時間で、必要な報告、書類や資料の準備を終える。やるべきことをしっかりと務めたうえで、「女性にしか気づかない視点」を持って仕事と向き合いたいと思います。

オフの過ごし方

平日は一生懸命働いている分、休日は家族や友人と食事や映画を楽しんで、のんびりと過ごす方が好きです。結婚してからは、旦那さんに勧められて入会してジムで汗を流したり、マラソン大会に出場したり、少しずつアクティブになってきました。

FLOW OF THE DAY

1日のスケジュール

8:00医薬品卸売会社に訪問

出社前に卸売会社に訪問し、営業担当のMSさんと打ち合わせ。先生との面談の内容などを共有する。

10:00出社、資料作成、スケジュール整理

出社後、スケジュールの整理とともに、面談用の資料の作成やパンフレットの準備。今月の提出書類などもまとめる。

11:30クリニック訪問

担当エリアの得意先に訪問する。注力領域である泌尿器科、耳鼻科、婦人科を中心に、1日10人ほどのドクターと面談。

13:30昼食

昼食をとりながら一休み。午後の仕事のスケジュールも確認。

14:30クリニック訪問

午後の診療がはじまったタイミングで訪問。内科は数も多いため、週のスケジュールと相談しながら、訪問先を慎重に検討する。

19:00帰宅

自宅のマンションに会社が駐車場を借りてくれているため、社用車でそのまま直帰。

HISTORY

経歴

1年目
エリザスのプロモーターを担当

アレルギー性鼻炎の治療薬である、エリザスのプロモーターを担当。どの資料を活用するか、先生方へどんな質問を投げかけるかなど、今月の活動方針を決め、営業所内での進捗の確認や管理を行う。

2年目
後輩ができ、シスターに

新入社員の教育係であるシスターを担当。きちんと教育できるかと不安だったが、上司から「一緒に勉強し直すつもりでやればいい」とアドバイスを受ける。最後には、お互いに計画数字を達成できた。

3年目
結婚

結婚してからは、私生活だけでなく働き方にも変化が訪れる。午後の訪問後は直帰するようになり、その分会社にいる時間が短くなるため、どれだけ効率的に仕事を進められるかを考えて内勤に取り組むようになった。

4年目
ルナベルのグランドプロモーターを担当

横浜の3つの営業所それぞれにいるプロモーターを取りまとめるリーダーである、グランドプロモーターを担当。3人での打ち合わせをもとに営業活動の指針を決裁する重要な役割であり、責任と大きなやりがいを感じている。

PAGE TOP