「えがお」をずっと創り続ける製薬メーカーとして、
100周年という節目を、飛躍の糧に、
日本新薬は世界において存在意義を高めます。

ごあいさつ

当社は、1919年(大正8年)10月1日に日本新薬株式会社として発足以来、100年にわたり、患者さん、医療機関、得意先、株主をはじめとするステークホルダーの皆さまからご支援いただき、100周年を迎えることができましたことに、心より感謝申し上げます。
当社は研究開発志向型の製薬企業として、「人々の健康と豊かな生活創りに貢献する」という経営理念のもと、新薬の研究開発と情報提供活動に邁進してまいりました。
この記念すべき日は、当社100年の歴史の中で大きな節目であり、同時に、次の100年へのスタートラインとなる日です。当社は、病気に苦しむ世界中の患者さんや、そのご家族のために、「患者本位」を合言葉に、今後も独自性を追求して新しいくすり創りに挑戦し続けてまいります。

100年の歩み

日本新薬の創立、そして国産医薬品の創出に挑んだ100年

100人のえがおとずっと

日本新薬の誇りを社員が一人一人の言葉で伝えます

View Detail