日本新薬

MYPAGE
ENTRY

戦略とビジョン Strategy & Vision戦略とビジョン Strategy & Vision

持続的な成長と目指す姿の実現に
向けた
『6つの取り組み』

第六次5ヵ年中期経営計画では、これまでに築き上げてきた経営基盤をベースとして、
持続的な成長基盤をより強固なものとし、目指す姿を実現するために
以下の『6つの取り組み』を推進します。

01 Strategy & Vision01 Strategy & Vision

研究開発を通じた
新しい価値の創造

高品質で特長のある製品を患者さんに提供し続けるために、これまでに培ってきた研究開発力をさらに向上させるとともに、核酸医薬や遺伝子治療剤などの新規創薬モダリティに対して積極的に取り組みます。
医薬品事業では、注力する4領域(泌尿器科、血液内科、難病・希少疾患、婦人科)を中心として、社内外の経営資源を活用し、新規創薬モダリティを視野に入れた自社創薬・導入・PLCMによる開発パイプラインの充実を図り、継続的に新製品を提供します。
機能食品事業では、製薬企業ならではの高品質で独創性に富む機能食品素材を提供するために、社内外の経営資源を活用し、市場ニーズに応える高付加価値製品を継続的に提供します。

医薬品研究開発戦略医薬品研究開発戦略
低分子・核酸医薬(遺伝子治療などの新規創薬モダリティ/核酸DDS技術/IPS細胞、AI創薬の活用低分子創薬の効率向上)→新たな価値ある医薬品低分子・核酸医薬(遺伝子治療などの新規創薬モダリティ/核酸DDS技術/IPS細胞、AI創薬の活用低分子創薬の効率向上)→新たな価値ある医薬品
機能食品研究開発戦略機能食品研究開発戦略
バルク事業(信頼関係の構築によるニーズの把握ニーズに対応した製品の提供/メーカー)/サプリメント事業(市場分析・ニーズ調査新製品の提供/消費者)バルク事業(信頼関係の構築によるニーズの把握ニーズに対応した製品の提供/メーカー)/サプリメント事業(市場分析・ニーズ調査新製品の提供/消費者)

02 Strategy & Vision02 Strategy & Vision

グローバル事業の推進

特長のある製品を世界中に届けるために、研究開発から製造、流通、販売のすべてにおいてグローバル事業の展開に適応した組織体制を構築し、第五次5カ年中期経営計画までに築いた事業のグローバル展開をさらに加速させます。

03 Strategy & Vision03 Strategy & Vision

ESG経営への取り組み強化による企業価値の向上

未だ治療法がない疾患に対する治療剤を創造し、患者さんへ届けることや、必要とされる付加価値の高いサプリメントなどを顧客へ届けるという事業活動を通じ、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営への取り組みを強化することで企業価値の向上と社会との共存に取り組みます。

E 環境 EnvironmentE 環境 Environment
豊かな自然を将来に引き継いでいくことが、事業活動を継続的に営んでいく企業に課せられた命題であることを認識し、環境負荷の低減に取り組んでいきます。
S 社会 SocialS 社会 Social
患者さんや顧客の満足が社会への貢献につながり、その先に企業の持続的な成長があるという考えのもと、新しい製品を創る従業員の満足度や多様性を高めていきます。
G ガバナンス GovernanceG ガバナンス Governance
経営の透明性を確保し、すべてのステークホルダーへの説明責任を果たすことが経営の最重要課題の一つであると認識し、コーポレート・ガバナンスの充実に継続的に取り組んでいきます。

04 Strategy & Vision04 Strategy & Vision

一人ひとりが活躍できる
組織風土の醸成

「特長のある製品は個性あふれる人材から」との考えから、性別、国籍、文化などの区別なく、従業員の多様性を尊重し、 一人ひとりが前向きにチャレンジし成長する機会を提供することで、一人ひとりが存在意義を高め活躍できる組織風土を醸成します。

労働環境変化労働環境変化

05 Strategy & Vision05 Strategy & Vision

AIの積極的活用とIT化の促進

持続的な価値創造のために、AI、RPAなどの積極的な活用とIT化の促進により、新製品創出のスピード化や業務効率化を推進し、生産性を高めます。

AI・RPAなどの積極的な活用とIT化の推進により、新製品創出のスピード化や業務効率化を推進し生産性を高めます。AI・RPAなどの積極的な活用とIT化の推進により、新製品創出のスピード化や業務効率化を推進し生産性を高めます。

06 Strategy & Vision06 Strategy & Vision

さらなる経営基盤の強化

事業環境の不確実性が高く変化が予想しにくい状況下で、持続的な成長を成し遂げるために、ビジネスの高収益化、コストマネジメント、経営資源の有効的な活用などを推進するとともに、制度・仕組みなどのマネジメントシステムを再構築します。

経営基盤の強化
経営基盤の強化
ENTRY