この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2009年10月01日

日本新薬株式会社 創立90周年のお知らせ

  日本新薬は、本日10月1日(木)に創立90周年を迎えましたので、お知らせいたします。

  当社は、1919年(大正8年)10月1日に、日本新薬株式会社として発足いたしました。
  当社は、その前身として、1911年(明治44年)に、京都新薬堂という名称で創業・開設していましたが、1919年にこれを株式会社に改組し、新薬メーカーとしての道を目指すことになりました。
  以来、90年に亘り、患者さまを始め、医療機関や得意先、地域の皆さまや株主の皆さま等、当社をご支援いただいているすべての皆さまのお陰をもちまして、本日の創立記念日を迎えることができましたことを、深く感謝申し上げます。

  本日午前9時から、本社講堂にて創立90周年記念式典を行いましたが、式典での前川社長の挨拶要旨は次の通りです。

  「会社創立当時、ほとんどをロシアからの輸入に頼っていた、駆虫薬の『サントニン』の生産技術の確立と大量生産を可能にすることで、古来から日本で蔓延していた回虫の感染を激減させるとともに、今日の会社の礎を築きました。同じく創立当時に医療機関で繁用されていた、ドイツ製の催眠鎮静剤『ブロムラール』の国産化にも成功し、『ブロバリン』として永くわが社の主力品の地位を占める製品となりました。
 わが社の創立者である市野瀬 潜(いちのせ ひそむ)は、『日本人がのむくすりは日本人の手で』と強く願い、その思いが日本新薬の名前に込められています。創立者の思いは、国産初の『サントニン』や『ブロバリン』などの開発を成功する事で実を結びましたが、それはまさにベンチャー企業創立者の、チャレンジ精神に溢れたものでした。
 社員の皆さんは、是非とも創立者や、創立当時の社員の皆さんのチャレンジ精神を忘れず、全員の力で輝かしい創立100周年を迎えましょう。」