骨髄異形成症候群(MDS)とは、血液の病気の一つです。
どのような病気で、どのような治療法があるのか、
血液のできるしくみから順に理解していきましょう。

監修:埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授 木崎 昌弘 先生

骨髄異形成症候群について

イラストMDSは、骨髄中の造血幹細胞に異常がおき、
正常な血液細胞が造られなくなる病気です。

血液のできるしくみ 骨髄異形成症候群とは

骨髄異形成症候群の治療の流れ

イラスト様々な検査を行い、治療方針が決定され、治療が始まります。

診断 治療方針の決定 実際の治療

骨髄異形成症候群の種類

MDSは、骨髄中の芽球の割合や異常な血液細胞の種類に応じて分類されます。

WHO分類 FAB分類

骨髄異形成症候群の予後と予後予測について

予後因子を点数化し、合計点数によってリスク分類することで予後を予測することができます。
代表的な予後予測システムには、IPSSとIPSS-Rがあります。

IPSS IPSS-R

骨髄異形成症候群の治療について

患者さんの症状、年齢、全身の状態などによって適切な治療法が選択されます。

支持療法 化学療法 造血幹細胞移植

ピックアップ

  • 肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。

  • アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。

  • つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。

  • EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで

  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する