この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2010年10月14日

「第2回日本新薬こども文学賞」にて制作した絵本が完成

 日本新薬は、第2回「日本新薬こども文学賞」において、絵と物語を全国から広く募集し、数多く寄せられた作品から選出した最優秀賞を絵本として制作、このほど完成いたしました。
  物語部門の応募数1,207点の作品から、最優秀賞を受賞した山口みえさんの物語「とびだせ しろくん」に、絵画部門の応募数301点の中から、「ゆめ・かける」で最優秀賞を受賞した松谷和恵さんが絵をつけた絵本となっております。
  絵本「とびだせ しろくん」は、3万冊が全国の小児科医院などの医療機関や公共施設等を通じて、広くこどもたちのもとに届けられます。

  また、日本新薬では、「きらきら未来こども募金」を創設して募金を呼びかけ、『世界の子どもにワクチンを 日本委員会』を通じて、途上国の子どもたちを感染症から守る活動を支援しています。この絵本は非売品ですが、「きらきら未来こども募金」の趣旨にご賛同いただき、募金のご協力をいただいた方に、絵本をお届けしております。

写真のダウンロードはこちら

 「日本新薬こども文学賞」は、絵本を通じて、未来を担うこどもたちの“ゆめ”を彩り、健やかな“こころ”の成長を見守りたいとの当社の願いから、日本児童文芸家協会の後援を得て2009年に創設したものです。 
 なお、第3回「日本新薬こども文学賞」は、来月から募集を予定しております。

 ●絵本の概要


絵本『とびだせ しろくん』

写真のダウンロードはこちら

タイトル: 『とびだせ しろくん』
色とりどりのクレヨンたちは、今日もお絵かきで大いそがし。でも白いクレヨンのしろくんだけは、まだ一度も絵をかいたことがありません。そんなしろくんがある日、夜空へ飛びだして・・・。クレヨンたちの活躍を描いた、鮮やかな色彩が目に浮かぶ作品です。
文:山口 みえ
絵:松谷 和恵
体裁: 24×18cm、本文32ページ、4色刷り
(非売品)

絵本は10月下旬から「日本新薬こども文学賞」のホームページでも読み聞かせの音声付で閲覧できます。

絵本の贈呈等の問い合わせは、下記まで。
日本新薬株式会社 広報部
「日本新薬こども文学賞」係
TEL:075-321-9103