この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2004年10月18日

中間期業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向等を踏まえ、平成16年5月14日の平成16年3月期決算発表時に公表しました平成17年3月期中間期(平成16年4月1日~平成16年9月30日)連結および個別の業績予想を下記の通り修正しますのでお知らせします。

1.平成17年3月期中間期の業績予想
 (1)連結
  当中間期の業績予想の修正(平成16年4月1日~平成16年9月30日)


売上高
(百万円)
経常利益
(百万円)
中間純利益
(百万円)
前回発表予想 (A) 25,500 1,400 3,750
今回修正予想 (B) 26,100 2,450 4,400
増減額 (B)-(A) + 600 + 1,050 + 650
増減率(%) + 2.4% + 75.0% + 17.3%
(ご参考)
前中間期実績(15年9月)
25,565 1,505 665

 

 (2)個別
  当中間期の業績予想の修正(平成16年4月1日~平成16年9月30日)


売上高
(百万円)
経常利益
(百万円)
中間純利益
(百万円)
前回発表予想 (A) 25,400 1,300 3,700
今回修正予想 (B) 26,000 2,350 4,350
増減額 (B)-(A) + 600 + 1,050 + 650
増減率(%) + 2.4% + 80.8% + 17.6%
(ご参考)
前中間期実績(15年9)
25,464 1,408 593

2.平成17年3月期通期の連結および個別の業績予想につきましては、現在見直しを行っており、当中間期決算発表時(11月12日予定)にお知らせします。

3.修正の理由(連結・個別とも)

 売上高につきましては、医薬品事業において本年4月に薬価基準の引下げがあったものの、多くの主力品目が当初計画を上回り、また、食品事業も計画を上回る伸びを示し、当初予想より6億円程度の増加、2.4%の増収となる見通しです。
 利益面につきましては、売上増加の寄与に加え、売上原価、販売・管理費は当初見込み通りでコスト減となり、さらに研究開発費の内委託研究費の支出の遅れもあり、経常利益は24億5千万円程度(連結ベース)と当初予想より大幅な増益となる見込みです。また、当中間期に、厚生年金の代行返上に伴う特別利益さらに土地等の固定資産売却に伴う特別利益を計上致しますので、中間純利益は44億円程度(連結ベース)となる見込みです。