この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2016年03月24日

治験原薬製造棟竣工についてのお知らせ

 日本新薬(以下:当社)は本日、本社地区内に建築を進めていました治験原薬製造棟(以下:本棟)が完成し、竣工式を行いましたのでお知らせします。

 このたびの本棟完成に伴い、高生理活性医薬や核酸医薬等治験原薬の自社による製造体制が整備されることで、新薬開発に必要な原薬が、迅速かつ柔軟に製造可能になるとともに、コストの削減にも寄与します。

 本棟には、容量1000Lの大型合成装置や封じ込め設備、精製単離設備を備えており、様々な原薬ニーズに対応できるようになります。また、環境保護や安全確保に関する様々な法規制にも対応し、最新のGMP水準に適応した製造環境を保証する設計が盛り込まれていることから、当社の品質保証に対する信頼性の向上にもつながると考えます。

 当社では、本棟を最大限に活用し、研究開発のさらなるスピードアップを図ってまいります。

 

【治験原薬製造棟概要】                                                                  写真のダウンロードはこちら

所在地: 京都市南区吉祥院西ノ庄門口町14
規模: 鉄骨造 3階建て 延べ床面積 1470 ㎡
着工: 2015年7月
竣工: 2016年3月
稼働予定: 2016年4月
建設費用: 約20億円

以上