この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2005年07月11日

尿路結石治療剤「ウロカルン錠225mg」の新発売について

日本新薬は、平成17年7月12日から尿路結石治療剤「ウロカルン錠225mg」を発売しますので、ご案内申し上げます。

「ウロカルン」は、古くから民間薬として結石症の治療に使用されていたウラジロガシのエキスを製剤化した尿路結石治療剤で、結石形成抑制作用、利尿作用、抗炎症作用、排石促進作用を示します。しかしながら、1969年に発売したカプセル剤は全長(横の長さ)21.8ミリメートル、体積862立方ミリメートルと大きく、患者さんにとって飲みにくいという難点があり、今回、小型化を目指して、全長(横の長さ)15.0ミリメートル、体積508立方ミリメートルの錠剤に改良しました。

尿路結石は、尿が通る道(尿路)にシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどで出来た結石が詰まって激しい痛みを引き起こします。原因については食事の影響が大きいと言われ、日本でも食生活の欧米化により本症の発生頻度は増えています。
「ウロカルン」は、現在、尿路結石の根本治療である(注)ESWL後の排石促進などに使用されていますが、本改良により服薬コンプライアンスの改善が図られ需要増が期待されます。

(注)Extracorporeal Shockwave Lithotripsy (体外衝撃波結石破砕術)