この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2006年12月15日

脂質代謝改善剤の開発提携解消について

 日本新薬は、12月15日、脂質代謝改善剤 ( 開発記号:NS-220) に関する、ロシュ社(本社:スイス・バーゼル市 会長兼CEO:Dr. Franz B. Humer)とのライセンス契約を解消することにしました。 ロシュ社との解消決定は、同社の医薬品事業部門で行われた定期的な開発品の見直しと、開発品目の優先順位付けの結果に基づくものです。

 NS-220は日本新薬が創製した新規化合物で、2003年9月、ロシュ社に技術導出し、同社が、2004年12月より欧州でNS-220の第一相臨床試験を実施していました。

 NS-220の国内外における今後の開発については、欧州での第一相臨床試験の結果等を検討した上で、新たな提携先を求めるなど、その方針を決めていく予定です。