選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

社会貢献活動

山科植物資料館の活動

 「山科植物資料館」は、1934年に山科試験農場として開場以来、当社の発展に大きく寄与した回虫駆除剤「サントニン」の原料植物ミブヨモギをはじめとして、世界中から集められた薬用・有用植物など約3,000種の植物を保存・栽培しています。
 当資料館で保存、栽培している植物のなかには、160種を超える日本薬局方収載生薬の基原植物をはじめ、キソウテンガイなど世界的にも絶滅が危惧されている植物や、環境省指定の絶滅危惧種も多数含まれ、生物多様性保全の観点からも栽培研究を重視しています。地元京都の希少植物の保護活動にも参画し、フタバアオイやキクタニギクなどの保護・増殖活動にも積極的に取り組んでいます。
 2017年度には、植物の学名普及の功績により、公益社団法人日本植物園協会よりアボック・カルタ賞を受賞しました。
 2019年度は自然災害が続く1年でしたが、春秋4回の休日見学会をはじめ、一般の方向け見学会、薬剤師研修会、薬用植物専門家向けセミナー、地元小学生を対象にした見学会や、夏休み藍染め体験会なども実施し、昨年は約1,700名の方々が来館されました。

この画面を印刷する