選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

CSR

人々の健康と豊かな生活創りに貢献する会社を目指して。
日本新薬レポート 2016

 PDF版:4.7MB        e-book版

※「CSR報告書」は2012年度より「アニュアルレポート」と統合し、「日本新薬レポート」といたしました。

日本新薬グループのCSR基本方針

 日本新薬グループが目指す姿は「ヘルスケア分野で存在意義のある会社」です。その目指す姿を実現するために、経営理念である「人々の健康と豊かな生活創りに貢献する」ことを信条とし、経営方針、すなわち「高品質で特長のある製品を提供する」「社会からの信頼を得る」「一人ひとりが成長する」ことの実践によって社会とともに持続的に発展することが、日本新薬グループのCSRであると考えます。
 日本新薬グループは、この考え方に沿って継続的に事業活動を行うことをCSR基本方針とし、広く社会に貢献していきます。

存在意義のある会社を目指して

 日本新薬グループは、CSR基本方針に基づき、経営のさまざまな側面において法令や社内規則を遵守し、社会的責任を絶えず意識して、高い倫理観を持って誠実な企業活動を推進します。また、日本新薬グループは、CSR基本方針に基づくさまざまな企業活動こそがCSR活動であり、これによって患者さん、医療関係者、株主、取引先、社員、社会地域など多くの皆さまに満足していただくことが、目指す姿「ヘルスケア分野で存在意義のある会社」への道であると考えています。

従業員とともに

個人の人権を尊重する企業風土の構築や、社員の健康と安全を守る仕組みづくり、ワークライフバランスの推進に加え、女性の活躍にも取り組み、誰もが安心して働ける職場環境の整備に努めています。

社会・地域とともに

 日本新薬は、製薬会社として優れた医薬品を世に提供することはもちろん、社会や地域の一員としてその発展に貢献することも果たすべき役割だと考えています。

疾患に関する啓発活動

 保有する知識を健康な社会の実現に役立てようと、疾患に関する啓発活動などに注力しています。

~子宮内膜症啓発活動として~
社会貢献活動

 公益活動を行う組織への支援、スポーツ・文化イベントの開催・協賛、植物資料館をはじめとする自社施設の公開などによる地域社会の活性化や、地元京都ならではの文化を保存する活動などにも取り組んでいます。

~絵を描くことで笑顔をつくる活動~
~未来を担うこどもたちへ~
~京都の風景や行事などを題材に~
~少年たちへスポーツ振興の一環で~

環境マネジメント

 日本新薬は、人々の健康と豊かな生活創りに貢献する企業として、事業活動を通じ、環境負荷の軽減に努めています。

日本新薬環境基本方針

 日本新薬は、人々の健康と豊かな生活創りに貢献する企業として、持続ある環境保全に向かって基本方針を設定し、目標を掲げ全社を挙げて取り組み、企業市民として豊かな社会づくりに貢献致します。

環境問題を担当する会社組織を構築・整備し、環境保全活動に対して協力一致して取り組むと同時に、自主管理を充実させ継続的環境保全活動を行います。

環境に関する法律・規制を遵守し、さらに自社の規程、マニュアル等を整備し、環境保全のレベルアップをはかります。

企画・開発の段階から環境に及ぼす影響を予測評価し、物の流れのあらゆる過程で環境負荷の軽減に努めます。

省資源、省エネルギー、廃棄物の減量、リサイクル、化学物質の管理、グリーン購入などをさらに推進します。

全従業員が環境保全の重要性を認識し、自覚を持って行動するよう教育・啓発を行います。

地域社会と積極的にコミュニケーションをはかり、情報の共有によるさらなる環境保全活動の質の向上に努めます。

CSR報告書

 日本新薬は、2004年に環境報告書の初版を発行し、2009年からはCSRへの取り組みを中心としたCSR報告書を発行してまいりました。2012年度より、「CSR報告書」を「アニュアルレポート」と統合し、「日本新薬レポート」を発行しています。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
ご使用のブラウザーにインストールされていない場合はダウンロードしてご覧ください。

この画面を印刷する