この画面を印刷する

トップメッセージ

株主・投資家の皆さまへ

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

■前期(2017年4月~2018年3月)の業績概要

 医薬品業界においては、薬価制度の抜本改革、後発品の使用促進策の強化等、医療費抑制のための諸施策が引き続き推進され、食品業界においても、家計消費の伸び悩みや参入企業の増加等から企業間の競争も激化しており、それぞれ厳しい環境が続きました。
 このような環境の中、医薬品事業は、前期に計上したウプトラビの過年度原薬代金の精算による収益がなかったものの、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア」、骨髄異形成症候群治療剤「ビダーザ」、がん疼痛・慢性疼痛治療剤「トラマール」・「ワントラム」、肺動脈性肺高血圧症治療剤「アドシルカ」等の伸長に加えて、共同販促収入や、平成28年11月に国内で販売を開始した自社創薬品の肺動脈性肺高血圧症治療剤「ウプトラビ」の売上伸長と同製品の海外売上に伴うロイヤリティ収入が大幅に増加し、対前期比2.5%の増収となりました。機能食品事業は、プロテイン製剤、品質安定保存剤、健康食品素材の売上が増加し、対前期比4.2%の増収となりました。
 その結果、全社の売上高は1,014億4千8百万円で対前期比2.7%の増収、利益面では、営業利益は170億7千9百万円、対前期比11.8%の増益、経常利益は174億5千1百万円、対前期比7.4%の増益、親会社株主に帰属する当期純利益は129億5千3百万円、対前期比10.2%の増益となりました。なお、売上高、営業利益、経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益について、いずれも過去最高を更新することができました。

■今期の業績について

 今期は、医薬品事業においては、薬価制度の抜本改革による薬価改定の影響はあるものの、「ウプトラビ」や「ザルティア」等新製品群の伸長、ウプトラビの海外売上に伴うロイヤリティ収入の伸長等によって、増収を見込んでいます。機能食品事業においては、新製品開発・投入に一層注力し、重点品目への取組みを強化することで、増収を見込んでいます。全社としては増収増益を見込んでおり、計画達成に向け全社一丸となって取り組んでまいります。
 医薬、食品業界ともに厳しい事業環境が続きますが、当社は、ヘルスケア分野で社会になくてはならない「存在意義のある会社」を目指して事業を推進してまいります。

 今後とも、株主・投資家の皆さまの変わらぬご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2018年 6月
代表取締役社長
代表取締役社長 前川重信の署名 の画像

株主・投資家の皆さまへ

弊社サイトは日興アイ・アール株式会社の「2017年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査 業種別ランキング最優秀企業ホームページ」に選ばれました。

2017年度 全上場企業
ホームページ充実度ランキング調査

お勧め情報ランキング 1位 業績ハイライト 2位 主力製品売上高 3位 製品開発状況 4位 株価チャート 5位 よくあるご質問
IRメール配信
株主・投資家の皆さまへ スマートフォンサイトのご案内 スマートフォンに最適化した専用のサイトをご用意しております。

ピックアップ

肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、ED治療薬の適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト