中期経営計画

▼ 最新の中期経営計画資料

2014年 中期経営計画

第五次5ヵ年中期経営計画(2014~2018年度)

新たな成長を目指して-独自性の追求-

■計画の概要
他社との差別化を図り、新製品の発売、収益性の向上により成長を成し遂げます。

日本新薬を取り巻く経営環境は、医療費抑制策の強化や少子高齢化の進展などますます厳しくなることが予想されます。こうした環境変化に対応して持続的に成長するためには、他社との違いを明確にし、独自基盤を構築することが不可欠だと考えます。
このような環境認識と「ヘルスケア分野で存在意義のある会社」を目指すという長期ビジョンを踏まえ、これまで築いた経営基盤を礎に、当社がさらなる独自性を追求し、新たな成長を目指すための独自基盤を構築するシナリオとして、2014年度から2018年度を最終年度とする第五次5ヵ年中期経営計画を策定しました。
他社との差別化を図り、新製品発売と収益性の向上により、成長を成し遂げることで、最終年度である2018年度に、売上高1,100億円、営業利益180億円を達成します。

■数値目標

(連結ベース) 2013年度実績 2018年度計画 CAGR※1
売上高 765億円 1,100億円 8%
うち医薬品 633億円 950億円 8%
うち機能食品 132億円 150億円 3%
営業利益 80億円 180億円 17%
当期純利益 58億円 120億円 16%
ROE※2 6.3% 10% -
EPS※3 85円 180円 16%

※1:CAGR(Compound Annual Growth Rate)年平均成長率
※2:ROE(Return On Equity)自己資本利益率
※3:EPS(Earnings Per Share)1株当たり当期純利益

2009年 中期経営計画

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
ご使用のブラウザーにインストールされていない場合はダウンロードしてご覧ください。

この画面を印刷する