2017年08月04日

高生理活性固形製剤棟竣工についてのお知らせ

 日本新薬(以下:当社)は、当社の小田原総合製剤工場(神奈川県小田原市)の敷地内に建築を進めていました高生理活性固形製剤棟(以下:本棟)が、このたび竣工しましたのでお知らせします。稼働は、2018年1月を予定しています。

 本棟完成に伴い、当社で創薬した高生理活性医薬品(少量でも強い薬理作用を有する医薬品)のウプトラビ錠(一般名:セレキシパグ)や、それに続く高生理活性医薬品の製造が可能となります。さらには、他社からの受託製造にも活用することで、製品の安定供給に加え、製造コストの削減に取り組んでまいります。
 本棟には、封じ込め仕様としては国内最大級の流動層造粒乾燥機や、洗浄・乾燥を自動化した高速打錠機など最新鋭の設備を導入し、高い品質の確保とともに、スケールメリットを生かしたコスト低減を実現します。また、本棟は環境保護、安全確保や最新のGMPに準拠した製造環境を保証し、地震、水害や噴火などの災害対策にも配慮して設計しています。
 当社では、このたびの本棟の竣工により、高品質な医薬品のさらなる安定供給を図ってまいります。

【高生理活性固形製剤棟概要】
kouseihikasseikokeiseizaitou.jpg                                                                  写真のダウンロードはこちら

所在地: 神奈川県小田原市桑原676-1
規模: 鉄骨造 3階建て 延べ床面積 3700 ㎡
着工: 2016年7月
竣工: 2017年7月
稼働予定: 2018年1月
建設費用: 約33億円

以上 

日本新薬について

ピックアップ

肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、シアリスの適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

この画面を印刷する