この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2009年03月30日

『染・京都百景展』に54年にわたる当社カレンダーの原画から100点の作品を出展

日本新薬は、本年4月1日から5月24日まで、日本唯一の現代染色のミュージアム「染・清流館」(京都市中京区)が開催する「染・京都百景展」に、当社所蔵の染色画を出展します。

  当社は、昭和29年以降半世紀以上にわたって、染色画を素材としたオリジナルカレンダーを毎年制作しており、その原画は、型染めやロウケツ染めなどの染色技法によって、京の風景や行事などを題材として、染色作家ならではの感性や表現で描かれています。これまでに重要無形文化財保持者(人間国宝)の稲垣稔次郎、芹沢銈介といった著名染色作家18名が制作にかかわり、現在では300点以上のカレンダー原画を所蔵しています。
  「染・京都百景展」では、その中から100点を選び、第1部(4月)に物故作家、第2部(5月)に現存作家の作品それぞれ50点ずつを展示します。
  当社は、これらの原画を社外で展示するのは今回が初めてで、1919年に創立し、今年90周年を迎える当社の周年事業の一環として、所蔵する文化的財産を社会に示す貴重な機会ととらえ、出展に至りました。また、本展の開催は、これまでの制作でお世話になってきた作家の方々への恩返しできる場とも考えています。
なお、これまで作成してきたカレンダーの原画は、当社ホームページでご覧いただけます。
  (※URL http://www.nippon-shinyaku.co.jp/kyo-gallery/gallery.html


 ■「染・京都百景展」の概要

   会  期 : <第1部>  2009年4月1日(水)~4月26日(日)
                 <第2部>  2009年5月1日(金)~5月24日(日)

      場  所 : 染・清流館
                     京都市中京区室町通錦小路上ル山伏山町550-1明倫ビル6階
                     TEL.075-255-5301
                     ホームページ http://someseiryu.net/

      開館時間 : 午前10時~午後6時

      休 館 日 : 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
       ※4月27日(火)~4月30日(木)は第1部と第2部の展示替えにより臨時休館

      入 館 料 : 大人300円、学生200円

   出品作家 : 第1部  稲垣稔次郎  春日井秀大  加藤正二郎 

                               芹沢銈介 中堂憲一 寺石正作  西嶋武司 

            第2部   井隼慶人 春日井路子 黒田 暢  内藤英治 三浦景生                                                                           

   協  力 : 日本新薬株式会社

   後  援 : NHK京都放送局、京都新聞社