沿革

日本新薬株式会社 機能食品カンパニーは、1961年の食品部創設以来、50年以上にわたり、食の分野から人々の健康と豊かな生活創りに貢献するべく、ユーザーニーズを的確にとらえ、きめ細かく対応することで、事業拡大を続けてまいりました。 今後、研究開発型メーカーとしてヘルスケア分野、加工食品分野において更なる事業拡大と持続可能な社会構築への貢献を目指してまいります。

事業展開
製品発売
日本新薬の経営状況改善のため、
製造技術を活かした経営多角化として
機能食品事業へ進出
1953年(昭和28年)
山科薬用植物研究
(現山科植物資料館)を開設10月
1960年(昭和35年)
粉末香辛料の企業化のため、
特別研究班を編成10月
1961年(昭和36年)
食品部を設置4月
5月第1号製品
粉末香辛料スパイス<ケンダ> 発売
1962年(昭和37年)
4月粉末ジュース
<ケンダ>オレンジ 発売
1964年(昭和39年)
5月玉ねぎ濃縮液
オニオン<コンク> 発売
スパイス・調味料事業を推進する中で
掘り起こしたニーズに応え、
保存料分野へ進出
1965年(昭和40年)
8月ソルビン酸系保存料製剤
ネトキラー 発売
1966年(昭和41年)
盛岡工場竣工12月
12月唐辛子抽出液
唐辛子エキス<ケンダ> 発売
1968年(昭和43年)
4月食品添加物総合塩漬剤
エポナ 発売
1969年(昭和44年)
盛岡工場第二期工事竣工4月
タジマ食品工業(株)と業務提携7月
1970年(昭和45年)
3月高活性小麦蛋白
プロスター 発売
食品技術研究所(現 食品開発研究所)を設立し、
研究開発型メーカーを目指す基盤の確立
1970年(昭和45年)
食品技術研究所竣工10月
更なる事業多角化として但馬澱粉工業株式会社(現 タジマ食品工業株式会社)へ資本参加、
植物性たん白分野へ進出
1970年(昭和45年)
但馬澱粉工業株式会社
(タジマ食品工業)へ資本参加11月
1971年(昭和46年)
3月植物性高蛋白食品
<ケンダ>ミート 発売
1972年(昭和47年)
4月天然調味料
コクミック 発売
保存料表示が不要な添加物の需要拡大に応じ、
日持向上剤分野へ進出
1972年(昭和47年)
9月品質安定剤 K類 発売
1974年(昭和49年)
盛岡工場第三期工事竣工3月
ハム・ソーセージ業界での
動物性たん白への需要拡大に応じ、
海外からの導入により動物性たん白分野へ進出
1974年(昭和49年)
5月カゼインナトリウム
ハプロ 発売
1978年(昭和53年)
10月粉末たん白
ハロスター 発売
日本新薬の生産拠点とすべく
タジマ食品工業の業容拡大
1980年(昭和55年)
3月二重被覆型香辛料
ダブルコーティングスパイス
発売
4月洗浄脱臭除菌剤
アラック 発売
タジマ食品工業が
食品添加物の製造許可を取得
食品添加物の製造開始10月
1981年(昭和56年)
10月餅類用老化防止剤
S-100 発売
1982年(昭和57年)
1月鮮度保持剤
サンサークル 発売
12月除菌洗浄剤
ナインエース 発売
1989年(平成元年)
5月ウィンナー用ネトカビ防止剤
外浸液PL 発売
老朽化した製造設備の刷新と
新製品開発を進めるため、
千歳食品工場を設立
1990年(平成2年)
千歳食品工場竣工10月
1992年(平成4年)
1月果実鮮度保持剤
クールセブン 発売
1993年(平成5年)
3月保存料製剤
プロキープPL103 発売
1995年(平成7年)
8月pH調整剤
スーパーフレッシュ800 発売
人々の健康への意識の高まりにより、
健康食品分野へ進出
1996年(平成8年)
5月ガルシニア果汁濃縮液
ガルシニアエキスS 発売
8月ハスカップ果汁濃縮液
ハスカップ果汁 発売
1997年(平成9年)
12月赤シソ葉エキス粉末 発売
1998年(平成10年)
2月イチョウ葉エキス粉末 発売
食品部から機能食品事業部に改称4月
2000年(平成12年)
タジマ食品工業に
医薬品・食品抽出工場竣工4月
2001年(平成13年)
1月桑葉エキス粉末
桑葉エキスパウダー 発売
6月ハスカップ果汁粉末
ハスカップパウダーHB 発売
10月アカメガシワ樹皮エキス粉末
アカメガシワパウダーF 発売
2002年(平成14年)
千歳食品工場
ISO14001認証取得8月
全てのユーザーニーズに応えるべく、
大豆たん白類の取り扱いを開始し、
動物性たん白、植物性たん白を
フルラインナップ
2003年(平成15年)
2月濃縮大豆たん白
ARCON S類 発売
2004年(平成16年)
タジマ食品工業、
台風23号により水害
小麦粉分離事業から撤退10月
機能食品事業の業績責任の明確化と
経営努力の公表、組織活性化を図るべく、
社内カンパニー制の導入
2005年(平成17年)
社内カンパニー制を導入、
機能食品カンパニーに
改称4月
DMV社カゼインナトリウム事業の
商権譲渡により、
ニュートリション分野
(流動食・栄養食品)へ進出
2006年(平成18年)
DMV社より
ハム・ソーセージ業界への
カゼインナトリウム商権承継3月
9月ヒアルロン酸粉末
ヒアルロン酸ST、LM 発売
2008年(平成20年)
DMV社より
ニュートリション分野向け白類の
販売権を獲得3月
機能食品事業の更なる事業発展と
事業価値向上を目的として、
生産拠点をタジマ食品工業へ集約化
2008年(平成20年)
盛岡工場での生産終了、
タジマ食品工業への集約8月
タジマ食品工業食添工場竣工8月
2009年(平成21年)
1月ヒアルロン酸粉末
「ヒアルロン3000」発売
1月ホエーたん白
PROGEL800 発売
3月酢酸ナトリウム製剤
シェフリードV 発売
6月コラーゲンペプチド粉末
NSコラーゲンペプチド 発売
10月アムラ果実エキス粉末
NSアムラエキスパウダー
発売
10月酢酸ナトリウム製剤
ニュースータンVS 発売
12月濃縮大豆たん白
フィットネスS 発売
2010年(平成22年)
2月乳たん白
ラクトクリスタル 発売
生産拠点の更なる信頼性と
安全性の向上をはかるべく、
タジマ食品工業において認証取得を推進
2010年(平成22年)
タジマ食品工業食添工場
 食添GMP取得6月
10月日持向上製剤
「ミカクファインシリーズ」 発売
2011年(平成23年)
9月健康食品素材
「マンゴスチンα20」 発売
2012年(平成24年)
10月健康食品素材
「マンゴスチンアクア」 発売
2014年(平成26年)
タジマ食品工業(株)
ISO9001認証取得1月
2016年(平成28年)
1月プロテイン製剤
「Wheyco W80」 発売
3月プロテイン製剤
「ラクトクリスタルplus」 発売
一般消費者向けに最終製品を販売する
サプリメント事業を開始
2016年(平成28年)
一般消費者向けに
最終製品を販売する
サプリメント事業を開始10月
10月スポーツサプリメント
「WINZONE ENERGY×ENERGY」 発売
2017年(平成29年)
10月プロテイン製剤
「ウィルプロS615」 発売
2018年(平成30年)
8月プロテイン製剤「WWP8010] 、
「WWP9010] 発売
2019年(令和元年)
5月健康食品素材
「バコパエキスパウダー」 発売
8月醸造調味料
「ビネッシュDeli」 発売
2020年(令和2年)
1月酢酸ナトリウム製剤
「ミライエースNu」 発売
タジマ食品工業(株)
ISO22000認証取得9月