信頼性保証

信頼性保証体制

経営理念である「人々の健康と豊かな生活創りに貢献する」のもと、医薬品事業では、自社が得意とする領域をターゲットに、病気でお困りの患者さんにとって福音となる、高品質で特長のある医薬品を提供する会社となることを目指しています。

医薬品品質方針

私たちは、人々の健康と豊かな生活創りに貢献するため、関連する法を遵守して、製品の高い品質と信頼性の確保に努め、お客さまに満足いただける製品を安定的に提供します。

医薬品品質システム

高い品質の製品を国内外の患者さまにお届けするために、グローバル基準による品質システムを確立し、製品品質を確保するとともに、定期的なマネジメントレビューを通して、リスク評価に基づく品質システム、製品品質、資源配分の継続的改善に取り組んでいます。また、万一に備えた回収体制を整備しています。

安全性確保

製品の開発段階から市販後に至るすべての期間でベネフィットとリスクを評価し、必要な安全対策を実施するための医薬品リスク管理計画(Risk Management Plan)を策定し、国内外の安全報告(副作用情報など)の収集・評価・検討を常に行い、製品の安全確保のために必要な情報を、医療に従事する皆様へ速やかに提供しています。

イメージ1
イメージ2